Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

土屋龍一郎の経歴や年齢は?出身高校や大学はどこ?政策や家族を調べた

2017年10月29日は長野市長選挙です。

元会社社長の土屋龍一郎(つちやりゅういちろう)氏が、長野市長選挙に立候補します。

そこで、今日は土屋龍一郎氏の経歴や年齢、出身高校や大学、そして政策や家族を紹介します。

是非、最後まで読んで下さい。

画像:土屋龍一郎twitter

土屋龍一郎 経歴 年齢 出身 高校 大学 政策 家族

スポンサーリンク

1.土屋龍一郎氏の経歴

土屋龍一郎氏の簡単なプロフィールを紹介します。

本名 土屋龍一郎

生年月日 1961年9月16日

年齢 56歳

血液型 O型

出身 長野市

中学 信州大学教育学部附属長野中学校

高校 長野県長野高等学校

大学 成蹊大学法学部

土屋龍一郎氏は、現在、56歳です。

長野県長野市出身で、県立長野高校を卒業しています。

高校卒業後、土屋龍一郎氏は成蹊大学法学部へ進学しました。

成蹊大学は、東京都武蔵野市吉祥寺にある大学で、法学部の現在の偏差値は64です。

明治大学や立教大学と同レベルの大学になります。

成蹊大学の出身者には、第90、96、97代内閣総理大臣の安倍晋三氏がいます。

また、フリーアナウンサーの高島彩さんも成蹊大学の卒業生です。

土屋龍一郎氏は、大学卒業後、実家が経営する株式会社北信臨床に入社しました。

北信臨床は長野県内で、臨床検査受託や電子カルテ等のシステムネットワークの構築を行う会社です。

その後、長野市内において、ブティックマチルダの代表取締役社長や、語学学校の長野外国語センターの取締役会長を歴任しています。

また、土屋龍一郎氏は、長野オリンピック記念アリーナを管理する、株式会社エムウェーブの代表取締役に就任し、業績をあげてきました。

土屋龍一郎氏は、地域・文化活動にも熱心で、長野青年会議所理事長・日本青年会議所会頭・長野市スケート協会理事長などを歴任しています。

その他にも、中学や高校のPTA会長なども歴任しています。

土屋龍一郎氏は結婚していて、長野市妻科に妻と子供3人(1女2男)と共に暮らしています。

スポンサーリンク

2.土屋龍一郎氏の政策

土屋龍一郎氏は、今回の長野市長選挙の出馬に際し、毎日新聞の取材に対して

「培ってきたネットワークと経験を生かし、市長として力を発揮したい」

と豊富を述べています。

また、同じく毎日新聞の取材に対して土屋龍一郎氏は

「こんなもんじゃない、長野市!」をスローガンに掲げ、

子育て支援策の充実や市外からの移住促進などに力を注ぐ。

現職の加藤久雄氏との違いについては

「五輪施設(エムウェーブ)の運営を通じて国際的なつながりを培った私は(加藤氏と)フィールドが違う。

改めていくべきは改めていく」

と述べています。

土屋龍一郎氏の具体的な政策は、土屋龍一郎氏のホームページ内で述べられており、

概要を紹介すると、

  • 「子育て環境No.1都市」を目指して、子供達に優先的に投資
  • 世界へ「長野ブランド」を発信
  • 高齢化社会に対応した、公共設備や交通サービスの充実
  • 市政の見える化と市内公共施設の有効活用

などを掲げています。

以上、今日は、長野市長候補者である土屋龍一郎氏の経歴や年齢、出身高校や大学、そして政策や家族を紹介しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



関連コンテンツ(レスポンシブ)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする