Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

奥山泰全の経歴やプロフィール!高校や大学がびっくり!年収や資産も調べてみた

奥山泰全(おくやまたいぜん)さんは日本仮想通貨事業者協会会長で、株式会社マネーパートナーズの代表取締役です。

奥山泰全さんは仮想通貨をはじめ、これまでに様々な投資で成功をおさめてきました。

そこで、今日は奥山泰全さんの経歴や、仮想通貨ビットコインをはじめとした投資の成功によりおさめた資産や年収などを紹介します。

是非、最後まで読んで下さい。

画像:https://stage.st

奥山泰全 おくやまたいぜん

スポンサーリンク

1.奥山泰全さんの経歴

奥山泰全さんのプロフィールです。

名前 奥山泰全(おくやまたいぜん)

生年月日 1971年8月13日

年齢 46歳(2018年1月現在)

出身 三重県津市

高校 三重県立津東高校

大学 慶應義塾大学商学部

奥山泰全さんの年齢は46歳です。

46歳の若さで成功者になれてしまうのですから、投資というのは若い人達にとってとても魅力的ですよね。

奥山泰全さんの実家は自営業だったそうです。

父親は元々商社で働いていたそうですが、30代で独立。

三重県津市で細々と商売をしていました。

奥山泰全さんは高校時代から投資を始めていたということなので、父親の影響もあったと思います。

奥山泰全さんの出身高校は三重県立津東高等学校です。

津東高校の現在の偏差値は57です。

この偏差値だと、国公立大学や有名私立大学へ進学するのは難しいかもしれませんね。

しかし、奥山泰全さんはなんと慶應義塾大学へ進学しています。

奥山泰全さんは高校現役時代の成績がとても悪く、偏差値は40程度だったそうです。

当然、現役で慶応大学へ進学するのは難しいので、1年間浪人しています。

浪人中の勉強時間は1日22時間、1日に4本以上のボールペンを使用したそうです。

その結果、奥山泰全さんは東大、早稲田、慶應、明治大学に合格しました。

すごすぎます(^_^;)

そして、奥山泰山さんは福沢諭吉の「独立自尊」や「学問のススメ」などの思想に共鳴し慶應義塾大学を選びました。

普通なら、東大に合格すれば迷わず東大へ進学しますが、そういうところが凡人とは異なるのでしょうね。

慶応大学に進学した奥山泰全さんはあることに気付きます。

それは、学内の生徒間における格差です。

慶應義塾大学は幼稚舎からある大学なので、「超」がつくほど金持ちの子息がたくさんいます。

そんな彼らの生活ぶりをみて、奥山泰全さんは一代では絶対に越えられない壁を感じました。

そして奥山泰全さんが考えたのが、

「孫の代」で彼らに追いつこう。

その為に自分の代から基礎を作り上げる。

でした。

本当にすごい人っているんですね。

自分は自分の事を考えるので精一杯ですが・・・。

奥山泰全さんのすごい話はまだ続きます。

大学入学後、奥山泰全さんは学内サークルで商売を始めます。

サークル用のTシャツをを2000円で販売し、大儲けをしたそうです。

ちなみに、Tシャツの原価は500円です(^_^;)

更に、奥山泰全さんは大学内でスタジアムジャンパーの販売も手がけて、利益はなんと2000万円も出たそうです。

1990年代の大学生が自分の事業で2000万円稼ぎ出すって、すごいと思います。

奥山泰全さんは大学時代に稼いだお金を元手に、投資を始めます。

ウィキペディアによると奥山泰全さんは

90年代、8年で120万円を5億3千万円にした模様。

90年初頭、林輝太郎に師事。

現株投資からツナギ中心の信用取引、商品先物の小豆・とうもろこし・パラジウムなどを経て、93年から日経平均先物取引(現ラージ225)、94年より日経225オプション取引にて、相場師としての才覚を発揮。

トレンドフォロー(順張り)を軸に、アービトラージ(サヤ取り)を派生させたオプション取引でのデルタヘッジによる堅実な相場運用を展開。

引用:ウィキペディア

と記されています。

私には何のことだか全くわかりませんが、とにかくすごいのですね。

奥山泰全さんは、投資の知識と経験を活かして、29歳の時にトレーダーズ証券の取締役に就任します。

そして35歳の時に株式会社マネーパートナーズグループの代表取締役に就任しています。

マネーパートナーズグループは証券取引やFX(CFD)を取り扱う会社です。

スポンサーリンク

2.奥山泰全さんの資産や年収

奥山泰全さんは投資家で株式会社マネーパートナーズグループの代表取締役です。

調べたところ、2017年のマネーパートナーズの売上高は約60億円でした。

マネーパートナーズの商売は、FXや証券取引の手数料から利益を得ています。

売上高の60億円が手数料だけの金額だと考えると、すごい金額ですよね。

マネーパートナーズグループの従業員数は100名程度なので、1人に年間2000万円給与を支払っても人件費は20億円です。

各設備のメンテナンスに10億円経費を使っても30億円残ります。

マネーパートナーズグループの純利益は約8億円となっていますので、税金を考慮しても20億円程度を役員報酬に使えます。

マネーパートナーズグループの取締役員数は10名なので、奥山泰全さんの会社からの年間報酬は2~3億円程度ではないかと予想されます。

ただ、奥山泰全さんは投資家です。

会社経営の他に株やFX、商品CFDなど様々な投資を行っているはずです。

また、最近は話題の仮想通貨ビットコインなども投資の対象に取り入れています。

ということで、投資による配当で更に年間数億円は稼いでいると思います。

奥山泰全さんの資産は・・・わかりませんでした。

たぶん、このレベルになると正確な数字がわかるのは税務署だけだと思います。

でも、すごくたくさん持っていると思います。

とりあえずわかる数字で、奥山泰全さんはマネーパートナーズグループの株式を100万株ほど保有しています。

現在の株価は約400円ほどなので、それだけで4億円です。

また、ビットコインなどの仮想通貨も大量に保持していそうですよね。

奥山泰全さんは投資家なので、もしかすると収益物件なども保有しているかもしれません。

そう考えると、奥山泰全さんの総資産は数十~百億円はあると思います。

いや~、すごすぎますね。

以上、今日は日本仮想通貨事業者協会会長で、株式会社マネーパートナーズグループ代表取締役の奥山泰全さんの経歴や学歴、年収などを紹介しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

奥山泰全さんが、ある雑誌の取材で

「ビットコインはなくならない」と言っていました。

ビットフライヤー

テレビCMで有名なbitFlyerなら初心者でも安心・安全に取引ができます。

金融系のテレビCMの審査はかなり厳格なので、安全性は間違いないはずです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



関連コンテンツ(レスポンシブ)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする