Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

クリスティーン・ブライデンの経歴や講演活動を紹介!子供や孫は?

クリスティーン・ブライデンさんは、20年以上アルツハイマー病と共に生きている女性です。

10月17日に放送される、ハートネットTVにクリスティーン・ブライデンさんが出演します。

番組では、

国際アルツハイマー病協会国際会議から、認知症とどう向き合うか考える。

認知症の人たち本人が声を上げ、絶望から希望へ、権利までをいかに得てきたか。

という内容が放送されます。

そこで、今日は、

クリスティーン・ブライデンさんの経歴や講演活動を紹介子供や孫は?

というタイトルで記事をまとめてみました。

是非、最後まで読んで下さい。

クリスティーン・ブライデン 経歴

スポンサーリンク

1.クリスティーン・ブライデンさんの経歴

クリスティーン・ブライデンさんは、1949年にイギリスで生まれました。

現在68歳です。

クリスティーン・ブライデンさんは30代前半の頃、イギリスの製薬会社で研究者として働いていました。

クリスティーン・ブライデンさんは、35歳の時にオーストラリアへ移住し、オーストラリア連邦科学産業研究機構で物理学者ケン・マクラケン博士のアシスタントになります。

クリスティーン・ブライデンさんは大変優秀なアシスタントで、40歳の時に首相兼内閣府の第1次補佐官に就任しました。

当時、クリスティーン・ブライデンさんは年間1億ドルの予算の管理を行っていたそうです。

1995年、クリスティーン・ブライデンさんが46歳の時、突然の偏頭痛に襲われます。

当時、クリスティーン・ブライデンさんは離婚したばかりで、生活と仕事によるストレスが原因だと思っていました。

しかし、精密検査の結果、クリスティーン・ブライデンさんはアルツハイマー病に冒されていることが判明しました。

2.クリスティーン・ブライデンさんの症状は?

クリスティーン・ブライデンさんが患っているアルツハイマー病とは

ウィキペディアによると、

認知機能低下、人格の変化を主な症状とする認知症の一種であり、認知症の60-70%を占める。

日本では、認知症のうちでも脳血管性認知症、レビー小体病と並んで最も多いタイプである。

アルツハイマー病は、進行する認知障害(記憶障害、見当識障害、学習障害、注意障害、視空間認知障害や問題解決能力の障害など)であり、生活に支障が出てくる。

引用:ウィキペディア

と解説されています。

現時点では、アルツハイマー病の発症メカニズムは解明されておらず、病気を完治させる薬も開発されていません。

クリスティーン・ブライデンさんは、アルツハイマー病と診断された当時、

発症後5年間で通常の生活を営むことができなくなり、

8年に以内に死亡すると医師から宣告されていたそうです。

しかし、クリスティーン・ブライデンさんはその後20年以上も生き続け、しかも再婚して、本を執筆し、講演活動まで行っています。

クリスティーン・ブライデンさんの書いた本は日本語に翻訳されています。

クリスティーン・ブライデンさんは、2000年に認知症擁護支援ネットワークを結成しました。

更に、2003年には、認知症の患者として初めて国際アルツハイマー病協会の理事に就任しています。

スポンサーリンク

3.クリスティーン・ブライデンさんの講演活動

今回、クリスティーン・ブライデンさんは国際アルツハイマー病会議に出席するために来日しました。

来日に合わせて、東京で「クリスティーン・ブライデン訪日特別講演セミナー」なども行われたようです。

クリスティーン・ブライデンさんの次回の来日がいつ実現するかわかりませんが、来日の際は講演を聴くことが出来ると信じています。

クリスティーン・ブライデンさんの講演DVDを見つけたので紹介します。

4.クリスティーン・ブライデンさんの家族

先述のとおり、クリスティーン・ブライデンさんはアルツハイマー病を発症する前に夫と離婚しています。

現在の夫、ポール・ブライデンさんとは48歳の時に再婚しました。

クリスティーン・ブライデンさんは、前夫との間に3人の娘がいるそうです。

3人の娘の詳細はわかりませんが、クリスティーン・ブライデンさんがアルツハイマー病を発症した当時、一番下の娘は9歳だったそうです。

単純計算すると、一番下の娘の現在の年齢は31歳です。

孫の存在までは確認出来ませんでしたが、年齢的に孫がいてもおかしくない年齢だと思います。

以上、今日はクリスティーン・ブライデンさんの経歴や講演活動、そして家族を紹介しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



関連コンテンツ(レスポンシブ)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする