Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

和田京子の経歴と年収は?不動産会社の評判を調査!夫は?

和田京子さんは和田京子不動産の代表取締役社長です。

今日は和田京子さんの経歴や年齢、年収や不動産会社の評判を紹介します。

是非、最後まで読んで下さい。

和田京子 経歴 年収 評判 夫

スポンサーリンク

1.和田京子さんの経歴

和田京子さんの経歴です。

名前 和田京子(わだきょうこ)

生年月日 1930年

年齢 87歳

出身地 愛知県

和田京子さんは1930年に愛知県で生まれました。

年齢は87歳です(2017年時点)。

22歳の時に高校教師だった夫と結婚しました。

結婚以来、80歳まで専業主婦をしていたそうです。

和田京子さんは10年前の77歳の時に夫を亡くしています。

それまで家庭を守ることを仕事としていた和田京子さんは、生きる意味を見失ってしまい、しばらく放心していたそうです。

しかし、孫の和田昌俊さんに勧められて、宅地建物取引士の資格取得の勉強を始めます。

勉強は専門学校に通いながら行ったそうです。

そして、79歳の時に宅地建物取引士の資格試験に合格しました。

宅地建物取引士資格試験の合格率は15~17%です。

ちなみに、宅地建物取引士とはウィキペディアによると

宅地建物取引業法に基づき定められている国家資格者であり、宅地建物取引業者(一般にいう不動産会社)が行う、宅地又は建物の売買、交換又は貸借の取引に対して、購入者等の利益の保護及び円滑な宅地又は建物の流通に資するよう、公正かつ誠実に法に定める事務(重要事項の説明等)を行う、不動産取引法務の専門家である。

引用:ウィキペディア

宅地建物取引士の資格を取得すると、不動産屋を開業することができるようになります。

和田京子さんも資格を取得した翌年に80歳で和田京子不動産を開業しました。

スポンサーリンク

2.和田京子さんの年収は?

和田京子不動産の年商は5億円ということです。

この場合の年商が、不動産の取扱高なのか手数料収入なのかはわかりませんが、恐らく前者であると仮定して話を進めます。

和田京子不動産の商売の特徴は、

  • 買主からの仲介手数料が無料
  • 住宅ローン事務代行手数料が無料
  • 売買契約締結時に顧問弁護士が無料で立ち会う
  • 24時間営業

です。

徹底的に顧客目線で営業して集客力を高めています。

通常、不動産屋の収入は物件の取扱手数料から得られます。

物件の値段の3%を売り主と買い主から手数料として貰うことが出来ます。

1億円の物件を販売した場合、6%の600万円が手数料として貰えます。

和田京子不動産は買い主からの手数料を放棄しているので、半分の300万円が手数料収入になります。

和田京子不動産の物件取扱高は年間5億円なので、手数料収入は単純に1500万円程度ではないかと思います。

現在の和田京子不動産は強い集客力を持っているので、広告料などの名目で売り主から更にお金を取ることができそうです。

和田京子不動産の年収は3000万円ほどではないかと思われます。

和田京子不動産は、和田京子さんと孫の昌俊さんの2人で営業しているそうなので、3000万円稼げれば十分ですね。

逆に年商5億円という数字が手数料収入による売上高だとすると、和田京子さんの税引き後の年収は数億円になります。

この場合、和田京子不動産の物件取扱高は80億円以上です。

年間80億円の物件を2人でさばくのは不可能でしょうね。

3.和田京子不動産の評判は?

インターネットで和田京子不動産の評判を調べてみました。

あくまでもインターネット上の意見ですが、

「連絡がとれない」

という意見が多数見られました。

和田京子不動産は24時間営業を売りにしているようですが、連絡があまり取れないようです。

開業当時の和田京子不動産は、薄利多売でフル回転で営業していたと思われます。

しかし、現在の和田京子不動産は多数のメディアへの出演により、強力な競争力を持っています。

利益率を上げるために、高額取引のお客さんしか対応していない可能性もあります。

労働力の節約ですね。

あくまでもネット上での意見なので、同業者からの妨害等も考えられます。

興味のある方はご自身でご確認下さい。

今日は和田京子さんの経歴や年齢、年収や不動産会社の評判を紹介しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



関連コンテンツ(レスポンシブ)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする