Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

小林亜星の妻(嫁)早苗の年齢や経歴は?仕事や学歴も!体重ダイエットの秘訣を紹介

小林早苗(こばやしさなえ)さんは作曲家で俳優の小林亜星さんの妻です。

12月4日に放送される徹子の部屋に小林亜星さんと妻の早苗さんが出演します。

番組では

ドラマ『寺内貫太郎一家』でお馴染みのように、全盛期の亜星さんの体重は113kg。

それが現在は90kgと以前よりほっそりした。

これは85歳になった亜星さんの体を気遣った妻の早苗さんが、塩分控えめ野菜中心のダイエット料理を作ってくれるようになったからだという。

番組では、そんな小林家の食卓に直撃する。

また、夫妻共通の趣味は世界旅行。

色々な国での写真を見ながら、面白エピソードを語る。

という内容が紹介されます。

そこで、今日は小林亜星さんの妻・早苗さんの年齢や経歴と学歴、仕事などについて紹介します。

是非、最後まで読んで下さい。

小林亜星の妻(嫁)早苗のダイエット料理

スポンサーリンク

1.小林亜星さんの経歴

まず、始めに小林亜星さんの簡単なプロフィールを紹介します。

名前 小林亜星(こばやしあせい)

生年月日 1932年8月11日

年齢 85歳

出身 東京都杉並区

高校 慶應義塾高等部

大学 慶應義塾大学

小林亜星さんの祖父は医者を、父親は役人を、母親は劇団女優をやっていたそうです。

小林亜星さんは、慶応大学の医学部へ入学しています。

しかし、途中で経済学部へ転部してしまいました。

理由は、医者よりも音楽関係の仕事がしたかったからだそうです。

小林亜星さんは作曲家と俳優をやっています。

小林亜星さんが作曲した曲は、

「ファミリーマートのCM曲」

「めがねドラッグの歌」

など多数あります。

最も有名なのは

「この木何の木気になる木♪」の歌ではないかと思います。

小林亜星さんの俳優としての代表作は「寺内貫太郎一家」ですね。

家族の前で、すぐに怒り出してちゃぶ台をひっくり返す、頑固オヤジを演じていました。

小林亜星さんは当時からかなり太っていて、体重は113kgもあったそうです。

スポンサーリンク

2.小林早苗さんの経歴

名前 小林早苗

生年月日 1938年

年齢 79歳

出身 東京都渋谷区

大学 山脇学園女子短期大学

小林早苗さんは1938年生まれなので、年齢は79歳です。

東京都渋谷区の代々木で生まれました。

旧姓はわかりませんでしたが、高校卒業後、山脇学園女子短大に進学し家政科を専攻しています。

山脇学園女子短大は港区赤坂にあった大学です。

通称「赤短」と呼ばれていたそうです。

大学は2011年に閉学しています。

山脇学園女子短大は慶應義塾大学とダンスパーティーで交流があったそうなので、小林亜星さんとの出会いはダンスパーティーかもしれませんね。

大学卒業後、小林早苗さんはヘラルド映画の宣伝部に就職します。

その後、電通やTBS、女性コーラス・シンガーズスリーのマネージャーを経て、

小林亜星さんの所属事務所アストロミュージックの役員を務めています。

また、早苗さんは小林亜星さんのアシスタントマネージャーもしているそうです。

3.小林亜星さんのダイエット

番組によると、小林亜星さんの体重は全盛期に113kgありましたが、現在は90kgまで減量に成功したそうです。

別のテレビ番組で紹介されていましたが、小林亜聖さんは若い頃から糖尿病を患っていたそうです。

小林亜星は重病説でも元気!病名は糖尿病!爆報THEフライデー

小林早苗さんは大学で家政科だったので、栄養学等を勉強していたのだと思われます。

かなり古い本になりますが、1988年に

「小林亜星の夫婦でダイエット」

という本を小林亜聖さんと早苗さんの共著で出版しています。

残念ながら、現在は絶版になってしまい中古でしか入手することは出来ません。

小林早苗さんは栄養学の知識を基に、85歳になった小林亜星さんの体を気遣って、塩分控えめ野菜中心のダイエット料理を作っているそうです。

いつまでも仲の良い幸せな夫婦でいて欲しいですね。

以上、今日は小林亜星さんの妻・早苗さんの経歴やダイエットについて紹介しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



関連コンテンツ(レスポンシブ)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする