安来我楽(やすきがらく)の正体は?たまごっち生みの親?動画も!

今日は、謎のおもちゃクリエーター安来我楽(やすきがらく)さんの正体について紹介します。

安来我楽さんは「たまごっちの生みの親」と言うことですが、その正体は?

安来我楽さんの動画も紹介しますので、最後まで読んで下さい。

やすきがらく

スポンサーリンク

1.安来我楽(やすきがらく)の正体は?

みなさん、既にお気づきだと思いますが、安来我楽さんの正体はロバートの秋山竜次さんです。

安来我楽さんは、バンダイのたまごっち20周年記念企画として、ロバートの秋山さんが、おもちゃクリエーターという設定で作り出した、架空の人物になります。

せっかくなので、安来我楽さんの設定を解説しちゃいますね。

安来我楽さんは、元々はフリーのおもちゃクリエーターとして活動していたそうです。

フリーの時代は、テレビゲームの開発などを行っており

代表作に

  • ブルーの伝説
  • セカンドオピニオン殺人事件
  • パコリス

などが、あるそうです。

96年に、バンダイの社長が直接、安来我楽さんをスカウトしてバンダイの社員になりました。

おもちゃ作りの道へ進んだ理由は、「我を楽しむ」という、名前の我楽に由来するそうです。

安来我楽さんは、とにかくおもちゃが大好きで、おもちゃのことを24時間考えているそうです。

カラオケへ行っても「おもちゃのちゃちゃちゃ」しか歌わないそうですから、相当、おもちゃが好きなのですね。

また、これは内緒ですが、時々、へんなおもちゃも使うことがあるそうです。

安来我楽さんが、たまごっちを開発したきっかけは、幼稚園の時に配られたチャボの卵だそうです。

その時に、この卵を温めたら、ひよこが生まれるのだろうかと考えた記憶が、大人になっても残っていて、その後、たまごっちが開発されました。

ただ、当初、安来我楽さんが考えていた「たまごっち」は、本物の有精卵にバンダイのシールを貼って、一個250円で売り出すものだったそうです。

しかし、この企画は商品化の直前に、取締役会議で反対されてしまい、お蔵入りしてしまいました。

その後、改めて現在の形のたまごっちが開発されたそうです。

スポンサーリンク

そんな安来我楽さんは、これからのおもちゃを

「これからは、何がおもちゃで、何がおもちゃじゃないか分からない時代が来る。

境が曖昧になる。

ホームセンターだって、おもちゃ売り場と同じ。

なんでも、面白い。

たくさんのおもちゃが並んでいる。」

と予想しています。

そして、新型たまごっちは

「現在、おもちゃ売り場に並んでいるいるものは、10年後に作ってはダメ。

食器売り場に並ぶものを考える。

次の狙う市場はキッチンに並ぶおもちゃ」

と言って

「厚焼きたまごっち」

を考えているそうです。

「厚焼きたまごっち」は、卵を温める感覚が直感的にわかるように、たまごっち自体が温められる仕掛けがほどこされるようです。

また、驚くべきことに、「厚焼きたまごっち」は実際に食べることのできる部分があるそうです。

今後、衛生上の問題をどのようにクリアしていくのかはわかりませんが、現実にできあがったら、面白いですね。

2.安来我楽の動画

そんな、安来我楽さんの動画が、インターネット上にアップされていましたので、紹介します。

また、今回の取材記事が、フリーマガジンのhonto+に記載されています。

興味のある方は、ご覧になって下さい。

https://honto.jp/article/hontoplus.html

以上、今日は、謎のおもちゃクリエーター安来我楽さんの正体について紹介しました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする