Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ハリス裕子の正体は?ロンドン在住のすごい日本人モッチー!世界ナゼそこに日本人

ロンドン在住のハリス裕子さんの正体は、望月あかりさんです。

望月あかりさんはロンドンで大人気の演歌歌手です。

そこで、今日は望月あかりさんの経歴やプロフィールとデビュー曲の動画を紹介します。

望月あかりさんの経歴には山口県の父親が深く関わっているようですよ。

また、シングルマザーである望月あかりさんの子供や旦那(夫)についても調査しました。

更に、望月あかりさんの年収についても紹介します。

是非、最後まで読んで下さい。

画像:http://www.akarisinger.com/#about2

望月あかり ロンドン 演歌歌手

スポンサーリンク

1.望月あかりさんのプロフィール

望月あかりさんの年齢は34歳です。

望月あかりさんは山口県岩国市出身で、3歳のころから歌を唄いはじめたそうです。

歌をはじめたきっかけは、望月あかりさんの父親でした。

望月あかりさんの父親は歌が大好きで、お母さんのお腹の中にいる望月あかりさんに歌を聴かせていたそうです。

望月あかりさんは歌の基本を父親から学び、毎日のように歌い続けたそうです。

でも、望月あかりさんの父親は正式なボイストレーナーではないため、歌についての正確な技術を習得するのに10年間もかかりました。

その後、望月あかりさんはロンドンへ渡りドラマや音楽の勉強をしてきました。

そして、2009年にロンドンで歌手としてデビューします。

望月あかりさんがロンドンでデビューした理由は、

「オンリーワンになりたかった」から。

日本には数千人の演歌歌手がいますが、ロンドンで英語でコミュニケーションができる演歌歌手は望月あかりさんしかいません。

ロンドンのステージに立って日本とイギリス文化の橋渡し役を担っているそうです。

スポンサーリンク

2.望月あかりさんの旦那や子供は?

望月あかりさんは、現在、ロンドン北部の町に息子と2人で暮らしています。

シングルマザーとして、女手一つで子供を育てているそうです。

望月あかりさんの旦那さんの存在が気になるので調べてみました。

すると、非常に興味深いことがわかりました。

それは、望月あかりさんのデビュー曲「ひとりDEナデシコ」の動画のなかにありました。

「ひとりDEナデシコ」の動画がyoutubeにありましたので、紹介しておきますね。

この曲の動画の内容を簡単に説明すると、

ある日、一人の日本人女性(望月あかりさんが演じています)が、イギリスで白人男性と出会います。

二人は仲良くなって一緒に住むようになりました。

ある時、二人が部屋で食事をすませると、男性が女性にプロポーズをします。

(お金がないのか、婚約指輪は缶詰のフタでした・・・)。

すると、その部屋に別の女性が尋ねてきます。

どうやら、白人男性は二股をかけていたようです。

そして、3人で修羅場を迎えた後、日本人女性は男性と別れて一人で強く生きていくという話です。

なんか、生々しくないですか?

望月あかりさんの息子は中学生ということなので、望月あかりさんが20歳前後の時の子供です。

歌の歌詞のような話があっても全く不思議ではないですよね。

ただし、これは私の個人的な推測にすぎません。

興味のある方は、動画をみてください。

3.望月あかりさんの年収は?

望月あかりさんは現在、日本食のレストランでショーをしたり、ヨーロッパ各地で公演を行っているそうです。

CDデビューもしていますが、個人ではなく津軽三味線奏者の一川響氏とのコラボ作品です。

物価の高いロンドンですが、日本食レストランでのショーは1ステージ1万円貰えるかどうかというところではないでしょうか。

イギリスやヨーロッパでの公演も単独ツアーではなく、現地の日本人祭りなどでゲストとして参加しているようなので、1回に何百万円も貰えるとは思えません。

CDからの収入がどのくらいあるかはわかりませんが、年収に換算すると600万円ほどではないでしょうか。

年収が600万円あれば、ヨーロッパで2人で暮らすには十分ですが、決して贅沢は出来ないですよね。

望月あかりさんは日本で注目されても勝ち目がないので、これからヨーロッパで頑張って活躍してくれることを期待しています。

以上、今日はロンドン在住の演歌歌手、望月あかりさんのプロフィールや家族と年収について紹介しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



関連コンテンツ(レスポンシブ)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする