三條正人の作品や動画を紹介!遺産はいくら?家族を調べた!葬儀も!

2017年10月5日に鶴岡雅義と東京ロマンチカのメインボーカルの三條正人さんが亡くなりました。

死因は悪性リンパ腫です。

そこで、今日は、三條正人さんの作品や動画を紹介します。

また、三條正人さんの家族や遺産、葬儀についても紹介します。

三條正人

スポンサーリンク

1.三條正人さんの経歴

三條正人さんは、1943年1月30日生まれです(享年74歳)。

滋賀県の大津市に生まれました。

三條正人さんの本名は、渡辺正好さんです。

三條正人さんは、法政大学へ進学し、大学在学中にコーラスグループとして活動を始めたそうです。

大学卒業後に、作曲家の鶴岡雅義さんに誘われて、東京ロマンチカのメインボーカルになりました。

デビュー曲の、「小樽のひとよ」は、当時大ヒットだったそうです。

その後、「旅路の人よ」で日本レコード大賞の歌唱賞を受賞し、1968年~73年の6回連続で、NHK紅白歌合戦に出場しています。

三條正人さんは、1年前に悪性リンパ腫が判明しました。

しかし、抗がん剤治療を続け、入退院を繰り返しながら、ステージやテレビ番組に出演してきました。

9月26日に群馬県で行われたコンサートが三條正人さんにとって最後のステージとなったそうです。

2.三條正人さんの作品や動画

三條正人さんは、鶴岡雅義と東京ロマンチカのメインボーカルでした。

鶴岡雅義と東京ロマンチカの代表作は、

小樽のひとよ

君は心の妻だから

別れの誓い

追憶

くちづけ

などがあります。

三條正人さんは、シングルは合計43枚、アルバムは52枚発表しています。

三條正人さんのデビュー曲、「小樽のひとよ」の動画があったので載せておきます。

とても綺麗な声ですね。

スポンサーリンク

3.三條正人さんの家族や遺産は?

三條正人さんは、1973年に女優の香山美子さんと結婚しました。

三條正人さんと香山美子さんの間には、息子さんがいるそうです。

三條正人さんの遺産について計算してみたので、簡単に紹介します。

一般に、歌付きの楽曲の印税は6~7%程度ということです。

一枚、1000円のシングルで60円です。

実際は、作曲家、作詞家、編曲家、歌手に分配されるので、個人に分配される金額はもっと低いそうです。

三條正人さんは、前述の通り、大ヒット曲を複数所有しています。

ヒット曲「小樽のひとよ」の売り上げは150万枚ということなので、1枚1000円で計算しても、15億円の売り上げになります。

このうちの1%を得ると、1500万円になります。

三條正人さんは、シングルとアルバムを合わせて100枚近く発売しているので、楽曲から得られる収入だけで、数億円はあるのではないでしょうか。

また、三條正人さんは、積極的にステージやコンサート、テレビ出演などもしていたので、遺産は数億円あるのではないかと思われます。

三條正人さんの葬儀は、10日午前11時からともに東京都中野区の宝仙寺で営まれるそうです。

喪主は、妻の香山美子さんです。

以上、今日は、三條正人さんの作品や動画を紹介しました。

また、三條正人さんの家族や遺産、葬儀についても紹介しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする