Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

クレイトン・ニーナバーのプロフィール!サーフィンスクールの料金はいくら?

クレイトン・ニーナバーさんは南アフリカ出身のサーフィン指導者です。

サーフィンは東京オリンピックで正式種目に採用されたこともあり、現在日本でも人気急上昇のスポーツですね。

クレイトン・ニーナバーさんはサーフィン技術を理論化して、これまでに多くのトップ選手を育てあげています。

また、クレイトン・ニーナバーさんはNHKの奇跡のレッスンという番組にも出演します。

そこで、今日はクレイトン・ニーナバーさんのプロフィールや、クレイトン・ニーナバーさんが指導するサーフィンスクールの料金や申し込み方法について紹介します。

クレイトン・ニーナバーさんに教えてもらえば、東京オリンピックにも出場できるかもしれません。

是非、最後まで読んで下さい。

クレイトン・ニーナバー NHK 奇跡のレッスン プロフィール

スポンサーリンク

1.クレイトン・ニーナバーさんのプロフィール

クレイトン・ニーナバーさんの簡単なプロフィールです。

クレイトン・ニーナバーさんの年齢は43歳です。

クレイトン・ニーナバーさんは若い頃(といってもまだ十分若いですが)、自身もプロサーファーとして活動していました。

およそ30年間、サーフィンの上級クラスで活躍してきたそうです。

また、選手活動と並行して15年間サーフィンのコーチとしても活動しています。

これまでにクレイトン・ニーナバーさんが育ててきた選手は、

ジョディー・スミスやトラビス・ローギー、リッキー・バスネットなどがいます。

私は全く知らなかったのですが、ジョディー・スミス選手などはかなり有名なサーフィンの選手だそうです。

クレイトン・ニーナバーさんは国際サーフィン連盟(ISA)のレベル2コーチの資格も持っています。

ちなみに、ISAのレベル2のコーチの資格はレベル1のコーチの資格を持っていれば、受講料10万円と日本での3日間の講習で取得できるようです。

比較的簡単に取得できるのですね。

サーフィンは資格ではなく、実力が大事ということですね。

クレイトン・ニーナバーさんはサーフィンの選手やコーチだけではなく、サーフボードの製作も手がけているそうです。

サーフボードの製作は18年以上続けているそうなので、まさにサーフィンだらけの人生ですね。

スポンサーリンク

2.クレイトン・ニーナバーさんのサーフィンスクール

クレイトン・ニーナバーさんは、オーストラリアのゴールドコーストでサーフィンスクールを開設しています。

サーフィンスクールのメニューは

個人レッスンとグループレッスンがあります。

個人レッスンでは

サーフィンの技術の他に精神的なレッスンや筋力・柔軟性、道具などについて教えてもらえるそうです。

個人レッスンの料金は

1日:300ドル

半日:200ドル

2時間:100ドル

ということです。

クレイトン・ニーナバーさんって、世界的にもすごいコーチなんですよね?

料金安すぎません?

ハワイで観光客がスタンドアップパドルのレッスンを受けたって、半日で100ドル以上はしますからね・・・。

サーフィンスクールのホームページにはクレイトン・ニーナバーさんが指導してくれると書いてありました。

しかし、レッスン料金があまりにも安すぎので、代理のコーチが教えるのではないかと少々心配です。

ただ、逆に考えるとレッスン料金が安いので、観光がてらオーストラリアへ行って、お金を捨てるつもりでレッスンに挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

レッスンがクレイトン・ニーナバーさん以外のコーチだったら、

「クレイトン・ニーナバーさんにはどうやったら会えるの?」

って聞いてみましょう。

裏レッスン料金を教えてもらえるかもしれません。

また、ホームページによると出張レッスンも受け付けているそうです。

値段などの詳細は書かれていませんでしたが、要相談ということです。

詳細を知りたい方は”Claytonsurf”のホームページを調べてみてください。

英語表記ですが、わかりやすいホームページです。

以上、今日はプロサーファーコーチ、クレイトン・ニーナバーさんのプロフィールやスクールのレッスン料金などを紹介しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



関連コンテンツ(レスポンシブ)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする