江間いちご狩りセンターの期間と料金は?品種と口コミを紹介!練乳のおかわりは?

2018年になりました。

冬の果物といえば、やはりイチゴですよね。

クリスマスケーキやショートケーキの上にのっているイチゴもおいしいですが、いちご狩りで食べる採れたてのいちごも新鮮でとてもおいしいです。

そこで、今日は静岡県伊豆の国市にある江間いちご狩りセンターを紹介します。

江間いちご狩りセンターで食べることのできるイチゴの種類や営業期間(休日)、営業時間や料金とシステムや口コミなどを紹介します。

是非、最後まで読んで下さい。

江間いちご狩りセンター

スポンサーリンク

1.江間いちご狩りセンターの場所は?

江間いちご狩りセンターは静岡県伊豆の国市にあります。

年間150万人が訪れる県下最大、いや、もしかすると日本最大のいちご狩り施設です。

アクセスは無料駐車場も完備されているので、車での来場が一番便利です。

東京からのアクセスは東名高速道路・沼津ICで降りたら、伊豆縦貫道を進み伊豆中央道へでます。

「伊豆中央道江間料金所」を通過するとすぐ左手に江間いちご狩りセンターがあります。

道路がすいていれば、沼津ICから20分程で到着です。

下田・修善寺方面から来園する場合も伊豆中央道から来るのがわかりやすいと思います。

自動車専用道路ですが、交差点に信号機があるので安心して右折できます。

カーナビ入力のための住所は

〒410-2223 静岡県伊豆の国市北江間563-7

TEL:055-948-1115

江間いちご狩りセンターです。

電車で来園する場合は新幹線でJR三島駅まで来て、

三島駅で伊豆箱根鉄道に乗り換え韮山駅で下車して下さい。

韮山駅からはタクシー(約5分)が便利です。

2.江間いちご狩りセンターの営業期間や料金は?

江間いちご狩りセンターの営業期間は

2017年12月15日から2018年5月6日までです。

休園日はなんとありません!

クリスマスも年末年始もゴールデンウィークも営業しています。

営業時間(受付時間)は午前9時から午後4時までです。

来園に際して予約も必要ありません。

ただし、河津桜の時期(2月上旬)は混雑するそうなので注意が必要です。

いちご狩りの料金は期間によって異なります。

公式ホームページによると

平成29年12月15日~平成30年1月3日 1,800円

平成30年1月4日~平成30年2月28日 1,600円

平成30年3月1日~平成30年3月31日 1,400円

平成30年4月1日~平成30年4月30日 1,200円

平成30年5月1日~平成30年5月6日 1,000円

引用:http://ema-ichigo.com/

ということです。

早い時期の方が高めの料金設定ですが、大きくて立派なイチゴをいただくことができます。

ちなみに、静岡県産の「紅ほっぺ」は購入するといくら位するのか調べてみました。

あまりの高級っぷりに、驚きました。

時間のある方は、いちご狩りに行った方が圧倒的にお得ですね(^^ ) 

江間いちご狩りセンターでは、

いちご狩りをすることのできる温室は数え切れないくらいあって、

日替わりで開放しているので、

いつ訪れてもおいしいイチゴをいただくことができます。

尚、子供料金はなく3歳未満のお子さんは無料ということです。

スポンサーリンク

3.いちご狩りのシステムは?

江間いちご狩りセンターのシステムを紹介します。

まず、駐車場に車を止めて料金を支払います。

江間いちご狩りセンター 料金 システム

その後、車でイチゴ狩り用の温室まで先導車と共に移動します。

車以外で来園された方は、専用の移動車があるのでそちらに乗って移動します。

温室の前に車を止めて、いよいよいちご狩りの開始です。

江間いちご狩りセンター

いちご狩りの時間は30分間食べ放題です。

江間いちご狩りセンター システム

基本的に一度温室に入場したら出ることが出来ませんので、トイレは最初の駐車場で済ませておきましょう。

温室の入り口で1人1個ずつ、練乳入りのカップをもらえます。

イチゴのヘタもこちらに捨てます。

江間いちご狩りセンター 品種 練乳

気になる練乳のおかわりですが、私が行った時はおかわりをいただくことができました。

でも、イチゴがとても甘いので練乳をつけなくても十分おいしく食べることができます。

逆に、練乳をあまりたくさんつけるとお腹がいっぱいになってしまうかもしれません。

江間いちご狩りセンターで食べることができるいちごの種類は、章姫(あきひめ)と紅ほっぺです。

紅ほっぺはとても甘く、ほどよい酸味でイチゴらしいイチゴです。

粒も大きいのが特徴ですね。

章姫は糖度が10度以上ある非常に甘いイチゴです。

酸味もほとんど感じられません。

好みが分かれるところではありますが、個人的には紅ほっぺの方が好きです。

理由は酸味があるので、たくさん食べることができるからです(^^ )

温室によって栽培しているイチゴが異なるようなので、食べることができるイチゴの種類は当日にセンターで確認して下さい。

最後に、江間いちご狩りセンターの口コミの紹介です。

私は開園2日目の12月16日に行ってきましたが、とても大きな粒の甘いイチゴをお腹いっぱい食べてきました。

江間いちご狩りセンター 品種 口コミ 感想

江間いちご狩りセンター 口コミ 感想

口コミによると、シーズン終盤の4月でも十分美味しいイチゴをいただくことが出来るようですよ。

みなさん、伊豆へ行ったら是非いちご狩りを楽しんで下さい。

以上、今日は静岡県伊豆の国市にある江間いちご狩りセンターを紹介しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

近所の伊豆長岡いちご狩りセンターで章姫を食べてきました!

伊豆長岡いちご狩りセンター食べ放題の品種やお土産を紹介!定休日も調べてみた

スポンサーリンク

スポンサーリンク



関連コンテンツ(レスポンシブ)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする