大内紗雪(さゆき)水泳の中学と身長を調べた!足のサイズと画像も!

今日は、水泳の大内紗雪(おおうちさゆき)選手の中学校や中学時代の成績を調べたので紹介します。

更に、大内紗雪選手の身長や足のサイズも調べましたので紹介します。

最後まで読んで下さいね。

大内紗雪 中学 身長

スポンサーリンク

1.大内紗雪選手の中学校と成績

大内紗雪選手は、2002年(平成14年)1月5日生まれの15歳です。

出身は神奈川県で、今年の春に、藤沢市立明治中学校を卒業し、現在は、日大藤沢高校に所属しています。

大内紗雪選手は、自由形の選手で、特に、50mや100mなどの短距離を得意としています。

大内紗雪選手の画像も貼っておきますね。

右下が、大内紗雪選手になります。

キュートです。

次に、大内紗雪選手の全国中学校水泳競技大会の成績です。

大内紗雪選手は、全国大会に、中学1年生の頃から参加していました。

中学1年

50m自由形 27秒41 29位

(優勝:池江璃花子25秒60)

中学2年

50m自由形 25秒90 優勝

100m自由形 57秒21 優勝

中学3年

50m自由形 25秒48 優勝(大会新)

100m自由形 56秒10 優勝

このように、大内紗雪選手は、中学2年・3年の時に、50mと100m自由形の2種目で、全国大会を2連覇しています。

ちなみに、大内紗雪選手が中学2年生の時、日本のエース池江璃花子選手(中学3年)は、シンガポールで行われていた、世界ジュニア水泳選手権大会に出場していて、直接対決はなりませんでした。

池江璃花子選手のその時のタイムは

50m自由形 25秒19

100m自由形 54秒81

でした。

改めて、池江璃花子選手のすごさがわかりましたね。

ただ、大内紗雪選手も、今は伸び盛りの年代なので、これから何が起こるかは分かりません。

今年の全日本選手権では、池江璃花子選手と大内紗雪選手の直接対決が実現していています。

50m自由形では優勝が池江璃花子選手(24秒57)で2位に大内紗雪選手(25秒41)となり、接近しています。

50m自由形のベストタイムは、池江璃花子選手の24秒48に対して、大内紗雪選手の25秒07です。

確実に、その差は縮まってきていると思われます。

実際、日本水泳女子のエース池江璃花子選手も、大内紗雪選手のことを

「いいライバル。絶対に負けたくない存在」

と意識しているようです。

スポンサーリンク

2.大内紗雪さんの身長や足のサイズ

大内紗雪選手の身長は162cm、体重は52.8kgと、けっして恵まれた体格ではありません。

再び登場の池江璃花子選手の身長は、170cmあります。

水泳に最も重要な要素の一つである、リーチの長さは身長に比例して決まると言われています。

身長の低い大内紗雪選手は、リーチという面では不利かもしれません。

また、水泳にもう一つ重要な要素は足のサイズです。

足ひれをつけると速く泳げるようになるので、その重要性は理解出来ると思います。

ちなみに、世界的に有名なスイマーであるマイケル・フェルプス選手の足のサイズは35㎝だそうです。

でかいですね。

調査しましたが、大内紗雪選手の足のサイズは分かりませんでした。

一般的に、身長160cmの女性の足のサイズは、平均24cm前後だそうです。

大内紗雪選手は、一流のスイマーなので、もう少し足は大きそうですね。

最後に、大内紗雪選手が、池江璃花子選手と切磋琢磨して、世界に通用するスイマーになってくれることを期待します。

今日は、大内紗雪選手の中学校や中学時代の成績と身長や足のサイズを調べたので紹介しました。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする