京都の老舗出版社法藏館の蔵からでてきたお宝の正体は親鸞の直筆書

9月8日(金)にテレビ東京で、所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!が放送されます。
番組では、

創業415年!京都の老舗出版社の開かずの蔵から国宝級のお宝が!?その価値は数億円か!

ついに出た!国宝級!開かずの蔵から出てきたのは…仏教のオールスター級超貴重書物

という内容で、放送されるそうです。

そこで、今日は、京都の老舗出版社「法藏館」の蔵からでてきたお宝の正体は?
という内容で、記事をまとめてみました。

是非、最後まで読んで下さい。

京都 老舗出版社 お宝

スポンサーリンク

1.京都の老舗出版社「法藏館」とは?

株式会社 法藏館(ほうぞうかん)とは、
京都市下京区正面通烏丸東入にある出版社です。
仏教関連出版の老舗です。
慶長7年(1602年)創業の仏教書肆・丁子屋の流れを汲むそうです。
歴代当主は、西村七兵衛を襲名しています(現在は五代目)。
浄土真宗の仏教書を基点に、多くの宗派・学問的立場からの仏教書全般を出版しています。
特に真宗大谷派式務部により編集された出版物の発行や、同部が校閲した出版物を発行するなど、大谷派とのつながりが深いそうです。

出典:ウィキペディア

ん~、なんだかとても難しそうです。

法藏館は日本で2番目に古い出版社だそうです。

法藏館の場所は、
〒600-8153
京都府京都市下京区正面通烏丸東入
TEL:075-343-0458
FAX:075-371-0458
です。

法藏館の場所は、東本願寺のほぼ正面にあります。

人工衛星の画像では、法藏館書店の裏に蔵のような建物が確認できます。

お宝が発見された蔵でしょうか?

スポンサーリンク

2.法藏館で発見されたお宝の正体は?

お宝は、西村家の私物が収められている蔵から発見されました。

法藏館で発見されたお宝の正体は、親鸞や最澄など、日本でとても有名な僧侶が直筆で書いた書物でしたね。

漫画の一休さんのモデルになった、一休僧侶の直筆書も含まれていたそうですよ。

詳細は、現在調査中らしいですが、かなり高価なものらしいですよ。

番組では、国宝級なので、値段は?億円するかもしれないということです。

さすが、老舗の出版社ですね。

ちなみに親鸞(しんらん)は鎌倉時代前半から中期にかけての日本のお坊さんですね。

浄土真宗を開いた、お坊さんで有名ですね。

また、最澄(さいちょう)は平安時代の僧侶で、天台宗を開いたことで有名です。

二人とも、中学の教科書に出てくるくらい有名な人ですから、すごいですね。

今日は、京都の老舗出版社「法藏館」の蔵からでてきたお宝の正体は?という内容で記事を書きました。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする