Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

三角和雄医師の年収は?出身高校など学歴を調べた!病院の場所や予約方法も

三角和雄(みすみかずお)医師は心臓カテーテル手術の症例数が日本一のスパードクターです。

三角和雄医師は東京医科歯科大学の特命教授を務めると同時に、千葉県松戸市にある千葉西総合病院の病院長も務めています。

そこで、今日は三角和雄医師の年齢や出身高校や大学などの学歴を紹介します。

更に、三角和雄医師が心臓カテーテル手術を実施いている病院の場所や予約方法、治療費も紹介します。

是非、最後まで読んで下さい。

三角和雄 医師

スポンサーリンク

画像:https://medicalnote.jp

1.三角和雄医師の経歴

三角和雄医師のプロフィールです。

名前 三角和雄(みすみかずお)

生年月日 1957年11月20日

年齢 60歳(2018年1月1日時点)

出身 大阪府大阪市

高校 大阪教育大学附属高校

大学 東京医科歯科大学医学部

三角和雄医師の年齢は60歳です。

三角和雄医師は大阪府大阪市で生まれました。

実家は祖父の代から続いていたプラスチックの加工会社でした。

三角和雄医師の父親は浜松高等工業学校(現・静岡大学工学部)出身のエンジニアでした。

三角和雄医師の母親はとても教育熱心で、三角和雄医師は兄と共に幼稚園から高校まで大阪学芸大学の付属校に通っていたそうです。

ということで、三角和雄医師の志はとても高く、子供の頃の夢は国会議員になって総理大臣になることだったそうです。

三角和雄医師が医師を志したのは、三角和雄医師が小学校2年生の時にリウマチ熱で約2ヶ月間入院したことがきっかけだったそうです。

また、祖父が小学校6年生の時に他界し、そのことも影響したそうです。

子供の頃に入院したことがある人や、小学生の頃に祖父母をなくした人は日本中にたくさんいると思います。

三角和雄医師は東京医科歯科大学を卒業して、本当に医者になれるのですから元々の頭が良かったことは間違いないと思います。

その証拠に、退院後に三角和雄医師が学校で受けたテストでは100点満点だったそうです。

入院中に遅れをとらないように勉強していたということですが、小学校2年生が独学で勉強できれば本物です。

三角和雄医師は東京医科歯科大学医学部で医師免許を取得後、研修医を経てアメリカのイリノイ大学医学部やニューヨーク医科大学へ留学します。

49歳の時にハワイ大学医学部の助教授になり、2年後に帰国します。

現在、三角和雄医師は千葉県松戸市にある千葉西総合病院の病院長を務めると共に、東京医科歯科大学医学部の特命教授も兼任しています。

スポンサーリンク

2.三角和雄医師が勤務する病院の場所は?

三角和雄医師は現在、千葉西総合病院の病院長です。

千葉西総合病院の場所は

千葉県松戸市金ヶ作107-1

047-384-8111

です。


千葉西総合病院へのアクセスは

新京成線・常磐平駅の北口から徒歩6分のところにあります。

三角和雄医師の手術は、開胸せずに手首や足の付け根から管を挿入して、心臓の血管内に存在する血栓などの異物を除去するカテーテル手術です。

三角和雄医師は、このカテーテル手術の実績が年間3000件と6年連続日本で一番多いそうです。

また、カテーテルの先端にドリルをつけて行う最先端の手術方法に関しては世界で一番多く症例をこなしています。

三角和雄医師は千葉西総合病院の病院長なので、紹介状がない場合は三角和雄医師を指名して診察して貰うことは不可能だと思われます。

ただ、最新の検査装置を使って診断した結果、難易度が高い場合は優先的に三角和雄医師が担当してくれるはずです。

三角和雄医師による治療を希望される方は、とりあえず千葉西総合病院で診察してもらうとよいでしょう。

千葉西総合病院の予約専用電話は

047-709-3677(平日9:00~17:00)

です。

3.三角和雄医師の年収は?

前述の通り、三角和雄医師は千葉西総合病院の病院長と東京医科歯科大学の特命教授を兼任しています。

まず、東京医科歯科大学の特命教授の報酬ですが、

東京医科歯科大学の教授の平均年収は1200万円ほどです。

三角和雄医師は特命教授ですが、研究者ではないので報酬は大学から出ていると思われます。

ということで、東京医科歯科大学医学部からの給与は年間1200万円ほどではないでしょうか。

千葉西総合病院は千葉県内でも有数の大病院なので、病院長の年収は2000万円は下らないと思います。

とりあえず、千葉西病院からの報酬を年間2500万円と計算して、更に大学からの報酬を合わせると、

三角和雄医師は年間に4000万円弱の収入を得ているのではないかと予想されます。

年収4000万円というとすごい金額に見えますが、年間に3000件以上の手術を行っていることを考えると、割はあまり良くないのではないかと思います。

欧米の大学へ行けば、1億円以上の年収は固いはずです。

以上、今日は千葉西総合病院の病院長で、心臓カテーテル手術の名医三角和雄医師の学歴や病院と年収を紹介しました。

最後に、今日の記事を書いていて思いましたが、

やはり、子供の頃から独学で勉強できる能力ってとても大事ですよね。

私は子供に勉強を教える時にスタディサプリによる自習を薦めています。

2017/12/5 23:12

低料金で独学できるのが魅力です(^_^)

スポンサーリンク

スポンサーリンク



関連コンテンツ(レスポンシブ)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする