鳥取市長選挙2018候補者の経歴や学歴と政策を紹介【開票結果速報班】

2018年3月25日は鳥取市長選挙ですね。

今回の鳥取市長選挙には、

現鳥取市長の深澤義彦(ふかざわよしひこ)氏

共産党鳥取県東・中部地区委員長の塚田成幸(つかだなるゆき)氏

の2名が立候補を表明しています。

そこで、今日は2018年に行われる鳥取市長選挙候補者の経歴や年齢、出身高校や大学などの学歴と政策について紹介します。

是非、最後まで読んで下さい。

鳥取市

スポンサーリンク

・深澤義彦

深澤義彦 鳥取市 市長選挙 2018 候補者

現鳥取市長の深澤義彦氏の経歴です。

名前 深澤義彦(ふかざわよしひこ)

生年月日 1953年2月22日

年齢 65歳

出身 鳥取県鳥取市

高校 鳥取県立鳥取東高等学校

大学 福井大学工学部

深澤義彦氏の年齢は65歳です。

深澤義彦氏は鳥取市出身で、鳥取東高校を卒業しています。

高校卒業後、深澤義彦氏は福井大学工学部へ進学します。

深澤義彦氏は大学卒業後、鳥取市役所に入庁しました。

秘書課長、市民税課長、総務部次長、行財政改革参事監などを歴任し、2007年に副市長に就任しました。

2014年に行われた鳥取市長選挙に出馬し初当選しています。

今回の鳥取市長選挙は、深澤義彦氏にとって2期目の挑戦になります。

深沢義彦氏は鳥取市長選挙出馬に際し

「誰もが住みやすい魅力的な街づくりをしていく」

引用:毎日新聞

と豊富を述べています。

また、政策として

「今までの自分の経験を生かして(市政の)混乱を避け、安定的な運営をする」

と述べ、主な具体的な政策として

  • 鳥取市の中核市への移行
  • 新庁舎移転計画の推進
  • 人口減少や少子高齢化対策

などを掲げています。

深沢義彦氏は今回の鳥取市長選挙に無所属で出馬し、自民党と公明党の推薦を受けています。

スポンサーリンク

・塚田成幸

塚田成幸 鳥取市 市長選挙 2018 候補者

共産党鳥取県東・中部地区委員長の塚田成幸氏の経歴です。

名前 塚田成幸(つかだなるゆき)

生年月日 1964年2月6日

年齢 54歳

出身 鳥取県鳥取市

大学 法政大学社会学部

塚田成幸氏は大学卒業後、鳥取医療生協に勤務していました。

塚田成幸氏は2010年より共産党鳥取県東・中部地区委員長を務めています。

塚田成幸氏はこれまでに、2005年、2012年、2014年の衆議院議員選挙に出馬し落選しています。

塚田成幸氏は今回の鳥取市長選挙の公約として

  • 住民目線の政治を実現
  • 新庁舎移転の見直し
  • 水道料金の値下げ
  • 子育て支援や福祉の充実
  • 総合支所の権限や予算額の増加

などを掲げています。

塚田成幸氏は今回の鳥取市長選挙に無所属で出馬しますが、共産党と社民党、新社会党の推薦を受ける見込みです。

以上、今日は2018年に行われる鳥取市長選挙の候補者の経歴や学歴などを紹介しました。

実は、私はアレルギー性鼻炎持ちで、更に花粉症もとてもひどかったです。

えぞ式すーすー茶

でも、このえぞ式すーすー茶のおかげでかなり改善されました。

私が試した中では、一番のオススメですよ(^^)

効果には個人差があるので、

「効果が無ければ全額保証付き」というのも安心ですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



関連コンテンツ(レスポンシブ)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする