高嶋りえ子の年収は?大学は京都?英語や外国語の実力や評判は?

高嶋りえ子さんは、銀座のクラブのママで実業家です。

11月13日に放送されるちょっとザワつくイメージ調査 もしかしてズレてる?に高嶋りえ子さんが出演します。

番組では

リアル「黒革の手帖」29歳ヤリ手銀座ママ

29歳にして東京・銀座に3店舗を経営しているやり手ママ・高嶋に密着すると「黒革の手帖」を地で行くような生き様が明らかに!

ランチのためにわざわざ京都へ向かい、料亭を一人で貸し切って食べるなど、そのわがままご飯に密着!

という内容で放送されます。

そこで今日は、高嶋りえ子さんの年収は?大学は京都?英語や外国語の実力や評判は?

というタイトルで記事をまとめました。

是非、最後まで読んで下さい。

高嶋りえ子 年収 大学 京都 英語 外国語 実力 評判

スポンサーリンク

1.高嶋りえ子さんの経歴

まず簡単に高嶋りえ子さんのプロフィールと経歴を紹介します。

名前 高嶋りえ子

年齢 29歳

出身 東京都

高校 不明

大学 不明

血液型 O型

好きな食べ物 お寿司、ベトナム料理、プリン、和菓子

特技 語学(英語、中国語、フランス語)

高嶋りえ子さんの年齢は29歳ということです。

といっても、これらの情報は全て高嶋りえ子さんのアメブロから抜粋してきているので、本当かどうかはわかりません。

高校や大学も不明です。

高嶋りえ子さんはニュージーランドとオーストラリアに留学経験があり、特技は語学ということです。

高嶋りえ子さんは25歳の時にクラブのママになり、現在は銀座に3店舗のお店を経営しています。

更に、高嶋りえ子さんは化粧品販売やメロン販売、起業コンサルタントもしているます。

クラブのママというよりは実業家ですね。

2.高嶋りえ子さんの英語や外国語の実力は?

ブログによると、高嶋りえ子さんはニュージーランドとオーストラリアに6年間留学していたそうです。

高嶋りえ子さんの経歴では22歳で銀座のホステスを経験して、25歳でママになっています。

ママになる前は、大手企業でOLをしていたということなので、OLをやりながらホステスをやっていたことになります。

ここで疑問です。

高嶋りえ子さんはいつ留学したのでしょうか?

22歳から銀座のホステスをしている高嶋りえ子さんに、大学時代に6年間も海外留学する時間はありません。

親が外国で働いていて、子供の頃海外に住んでいた可能性もありますが、そういう人は「留学」という言葉を使いませんからね。

高嶋りえ子さんは本当に英語や外国語が出来るのでしょうか?

是非、番組内またはYoutubeで外国語の実力を披露して欲しいですね。

ちなみに、高嶋りえ子さんの海外での評判を知るために英語で高嶋りえ子さんを検索しましたが、ほとんどヒットしませんでした。

今回、英語で検索しましたが他の言語では賑わっているかもしれないので、興味のある方は調べてみて下さい。

スポンサーリンク

3.高嶋りえ子さんの年収は?

銀座のクラブのママの年収を調べてみましたが、店の人気によってばらつきがあるみたいです。

年収で5000万円から1億円くらいが相場なのでしょうか。

高嶋りえ子さんはクラブのママの他にもメロンの販売や化粧品販売なども手がけています。

化粧水は6800円

パックは3000円

洗顔ジェルは5000円

保湿クリームは5800円で販売しています。

化粧品はとても利益率が高い商品です。

化粧水は100円均一でも買うことが出来ますし、インターネットで調べれば自作することも可能です。

安く作れば、原価は1本10円もしないと思います。

高嶋りえ子さんは自分をメディアに露出して集客を行っているので、化粧品の売り上げは相当なものだと思います。

銀座のクラブでブランディングして、化粧品の販売で稼ぐ。

高嶋りえ子さんの年収は間違いなく億単位だと思います。

4.高嶋りえ子さんの大学は京都?

高嶋りえ子さんの大学は明らかにされていません。

高嶋りえ子さんのブログを見ていると、比較的京都に関する記事が多いようです。

今回の番組でも京都の料亭でのランチが紹介されます。

私個人の経験ですが、京都が好きな人って京都出身者か京都の大学を卒業している人が多いんです。

高嶋りえ子さんは東京都出身ということなので、京都に由縁があるとしたら大学ではないでしょうか。

以上、今日は高嶋りえ子さんの年収や大学、英語の実力について調査してみました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

結城アンナと岩城滉一の自宅がスゴイ!

結城アンナの自宅が豪邸!場所や住所は世田谷のどこ?値段も調べた

スポンサーリンク

スポンサーリンク



関連コンテンツ(レスポンシブ)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする