長浜市長選挙2018候補者の経歴と学歴や政策を紹介【開票結果速報班】

2018年2月25日は長浜市長選挙の投票日です。

今回の長浜市長選挙には現職の藤井勇治氏氏と

長浜市議会議員の中川勇氏

の2名が立候補を表明しています。

そこで、今日は2018年に行われる長浜市長選挙の候補者の経歴や年齢、出身高校や大学などの学歴と政策や公約などを紹介します。

長浜市 市長選挙 2018 候補者 経歴 学歴 政策 開票結果 速報

スポンサーリンク

・藤井勇治

藤井勇治 ふじいゆうじ 長浜市 市長選挙 2018 候補者 経歴 学歴 政策 開票結果 速報

画像:http://www.city.nagahama.lg.jp

現長浜市長の藤井勇治氏の経歴です。

名前 藤井勇治(ふじいゆうじ)

生年月日 1950年2月27日

年齢 67歳(2018年2月25日時点)

出身 滋賀県長浜市

大学 龍谷大学法学部

藤井勇治氏の年齢は67歳です。

藤井勇治氏は滋賀県長浜市(旧東浅井郡)の出身です。

藤井勇治氏は龍谷大学の法学部を卒業しています。

龍谷大学は京都にある私立大学で、現在の法学部の偏差値は47.5前後です。

藤井勇治氏は大学卒業後、一度就職しますが勤務先の社長が衆議院議員に当選したことから社長の秘書を務めます。

その後、河本嘉久蔵参議院議員の公設秘書、

白川勝彦自治大臣の秘書官

古賀誠元自民党幹事長の政策秘書などを歴任します。

藤井勇治氏は2005年に自由民主党から衆議院議員選挙に出馬し、初当選を果たし1期務めました。

2009年に行われた衆議院議員選挙では落選しましたが、

翌年に行われた長浜市長選挙に出馬し当選しました。

藤井勇治氏はこれまでに長浜市長を2期務めています。

藤井勇治氏は3期目の市長選挙の豊富として

「1期目は種まき、2期目は市民の皆さんと一緒に水や肥料をやり、花を咲かせた。

3期目で花をしっかり実にしたい」

引用:毎日新聞

と述べ、政策として

「子育て支援の加速化や地域医療の拡充など、市総合計画に基づく五つの重点政策を推進、具現化していくことで、地域の人口減少と高齢化などの課題に取り組んでいく」

引用:京都新聞

と表明しています。

スポンサーリンク

・中川勇

中川勇 なかがわいさむ 長浜市 市長選挙 2018 候補者 経歴 学歴 政策 開票結果 速報

画像:http://www.kyoto-np.co.jp

長浜市議会議員の中川勇氏の経歴です。

名前 中川勇(なかがわいさむ)

生年月日 1951年7月23日

年齢 66歳

出身 滋賀県長浜市

高校 滋賀県立虎姫高校

大学 近畿大学短期大学部

中川勇氏の年齢は66歳です。

中川勇氏は滋賀県長浜市の出身です。

中川勇氏は虎姫高校を卒業後、近畿大学短期大学部へ進学します。

近畿大学短期大学部は大阪府にある私立大学です。

近畿大学短期大学部の偏差値は短期大学のため比較できませんでした。

中川勇氏は大学卒業後、長浜市役所に入庁します。

中川勇氏は長浜市役所で、長浜市産業経済部長や市民生活部長などを歴任してきました。

中川勇氏は2014年に行われた長浜市議会議員選挙で当選し、市議会議員を1期務めました。

中川勇氏は市長選挙出馬の理由として

「市政に市民の声が届いておらず、市政の軸足が市民の側にない」

引用:毎日新聞

と説明しています。

また、公約として

・安心医療の確保

市立長浜病院の経営健全化や医師の確保など医療体制の充実

・教育行政の改善

地域の特性を生かした学校教育の推進

・超高齢社会における福祉施策の充実

独居高齢者への支援や健康を維持する温水プール設置

などを訴えています。

以上、2018年2月25日に行われる長浜市長選挙の候補者の経歴や学歴と政策を紹介しました。

パソコンやスマホを見ていて目が疲れると思ったら

スマホえんきん

スマホえんきんかもしれません。 

確認してみて下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



関連コンテンツ(レスポンシブ)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする