三豊市長選挙2017候補者の経歴や学歴を紹介【開票結果速報班】

2017年12月24日は三豊市長選挙です。

今回の三豊市長選挙には山下昭史氏と大平敏弘氏が立候補しています。

そこで、今日は2017年に行われる三豊市長選挙の候補者の年齢と経歴や出身高校や大学などの学歴と政策を紹介します。

三豊市

スポンサーリンク

・山下昭史

三豊市 市長選挙 2017 候補者 山下昭史

画像:http://sun-channel.com

元香川県議会議員の山下昭史氏の経歴です。

名前 山下昭史(やましたあきし)

生年月日 1966年9月2日

年齢 51歳

出身 香川県三豊市

高校 香川県立丸亀高等学校

大学 國學院大學

山下昭史氏は大学卒業後、瀬戸内海放送のアナウンサーやプロデューサーをしていました。

その後、2011年の香川県議会議員選挙に出馬し当選します。

現在までに、香川県議会議員を2期務めていました。

山下昭史氏は今回の三豊市長選挙立候補に際し、毎日新聞の取材に対して

「横山市長の取り組みと私の考え方は近いものがある。

人口減少問題など横山市長の意志を継ぎながら、新しい取り組みもしていきたい」

と豊富を述べています。

山下昭史氏は自由民主党の香川県連に所属していますが、今回の三豊市長選挙は無所属で出馬します。

スポンサーリンク

・大平敏弘

三豊市 市長選挙 2017 候補者 大平敏弘

画像:http://www.shikoku-np.co.jp

元三豊市議会議員の大平敏弘氏の経歴です。

名前 大平敏弘(おおひらとしひろ)

生年月日 1954年11月3日

年齢 62歳

出身 香川県三豊市

高校

大平敏弘氏の出身高校は現在調査中です。

大平敏弘氏は高校卒業後、阪大微研というワクチンを製作する法人に就職します。

大平敏弘氏は40歳の時に高瀬町議会議員選挙に立候補し、当選します。

高瀬町議会議員を3期11年間務めた後、51歳で三豊市議会議員に当選。

55歳56歳の三豊市議会議員選挙と香川県議会議員選挙では落選しますが、59歳の三豊市議会議員選挙では復活当選を果たしました。

大平敏弘氏は今回の三豊市長選挙の立候補に際し、毎日新聞の取材に対して

「市が抱える少子高齢化や人口減少問題、市長ら3役の退職金の見直しなどで市民と対話し、分かち合い、活気ある市をつくりたい」

と豊富を述べています。

大平敏弘氏は今回の三豊市議会議員選挙を無所属で立候補します。

以上、2017年12月24日に行われる三豊市長選挙の候補者を紹介しました。

最後に、愛犬の健康のために与えてみたら、かなり調子がいいです。



犬も野菜が必要だとは知りませんでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



関連コンテンツ(レスポンシブ)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする