吉田よしのり(希望の党)の経歴や年齢は?出身大学や政策を紹介!

2017年10月22日は衆議院議員選挙ですね。

埼玉県第4区より、希望の党公認候補として、吉田芳朝(よしのり)氏が立候補しました。

そこで、今日は、吉田よしのり氏の経歴や年齢、出身高校や大学などの学歴、政策を紹介します。

是非、最後まで読んで下さい。

画像:http://yoshiday.com/

吉田よしのり 希望の党

スポンサーリンク

1.吉田よしのり氏の経歴

吉田よしのり氏は1974年7月27日生まれです。

年齢は、43歳です(2017年現在)。

吉田よしのり氏は、北海道の札幌で生まれました。

吉田よしのり氏の父親はサラリーマンで転勤族だったために、子供の頃は、大阪や東京など、全国を回っていたそうです。

吉田よしのり氏は、高校生の時に新座市に在住し、法政第一高校を卒業しています。

大学は法政大学へ進学し、法学部に進みました。

吉田よしのり氏は、大学時代から選挙のアルバイトをしており、政治にすでに興味があったようです。

法政大学卒業後、吉田よしのり氏は野村證券株式会社へ入社します。

野村證券時代は青森支店で営業の仕事を行っていました。

日本の銀行や証券会社に、旧帝大以外から就職すると、入社の年から将来が見えてしまって、なんだか悲しいですよね。

しかし、吉田よしのり氏は、そんな逆境にもくじけず、仕事はしっかりこなしてきたそうです。

入社から2年後、吉田よしのり氏は、政治の世界へ本格的に進むために、野村證券を退社しました。

退社の翌年、吉田よしのり氏は、新座市議会議員選挙に立候補します。

そして、トップの得票数を獲得し、25歳という若さで、見事初当選を果たしました。

3年後の2003年、吉田よしのり氏は、埼玉県議会議員選挙に出馬します。

この時の選挙は、民主党の推薦で出馬しました。

そして、吉田よしのり氏は、28歳で見事当選を果たします。

この年代は、ちょうど民主党が勢いづいてきた頃で、

同じ年の衆議院議員選挙でも、小泉自民党に対して、民主党が大幅に議席を伸ばした年です。

吉田よしのり氏は、うまく民主党ブームに乗れた感じですね。

その後、吉田よしのり氏は、埼玉県議会議員を4期務めています。

スポンサーリンク

2.吉田よしのり氏の政策

吉田よしのり氏の政策は、

  • 自民党と対抗できる健全な政治グループを作る
  • 教育の無償化を進める
  • 若年者に対する社会保障政策を充実
  • 安心してサービスが受けられる社会保障制度を構築
  • 経済戦略の大転換を図り、実感できる景気回復
  • 非正規、正規の賃金格差をなくす
  • 中小企業を守る施策として社会保険料の事業主負担を助成
  • 出来るだけ早く脱原発
  • 議員定数の削減をはじめ、身を切る改革

引用:http://yoshiday.com/(改編)

などをあげています。

また、吉田よしのり氏は、民進党出身者なので、憲法改正や安保法政問題が気になるところです。

過去の記事を調べたところ、埼玉県議会に提出された「安全保障関連法の廃止を求める請願」の委員会で、吉田よしのり氏は賛成しています。

以上、今日は埼玉県第4区より、希望の党公認候補として立候補している、吉田よしのり氏の経歴や年齢、出身高校や大学などの学歴、政策を紹介しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする