山手線メガネの発売日や販売店の場所を紹介!値段と購入方法も調べた!

9月20日(水)にテレビ東京で放送される、ゆうがたサテライトで「山手線メガネ」が紹介されます。

番組では、

独占初公開!山手線新型車両の部品でメガネを作る

というタイトルで、

密着取材4ヵ月。山手線新型車両製造時の部品で作ったメガネを製作・販売へ。鉄道ファン必見!驚きの完成度。めがね拭きも、ケースも…。なぜ企業は鉄道ファンに注目?

という内容で放送されるそうです。

そこで、今日は山手線メガネの発売日や販売店の場所を紹介!値段と購入方法も調べた!という内容で記事をまとめてみました。

是非、最後まで読んでください。

山手線メガネ

スポンサーリンク

1.山手線メガネとは?

山手線メガネは、鉄道車両メーカーの「総合車両製作所」とメガネ販売会社の「ジンズ」が共同で作製したメガネです。

山手線の新型車両E235系の車体を製造する際に、窓枠の切り抜き加工の工程で生じるステンレス素材をメガネ枠の材料に再利用した商品です。

山手線メガネは、山手線に用いられる素材を使用しているため

「一般的なステンレスに比べ硬くて丈夫であることが特長」(ジンズ)

ということです。

また、このステンレスは軽量化が図られているため、メガネには最適な材料となっています。

山手線メガネは、3つの種類が用意されていて、それぞれ、

「TYPEクハ」

「TYPEモハ」

「TYPEサハ」

と呼ばれるそうです。

それぞれ、フレームのデザインが異なります

メガネのフロント部分とテンプル(つる)内側のカラーに山手線をイメージしたデザインを採用されています。

さらにテンプルにはシリアルナンバーや「JR東日本」「総合車両製作所」のロゴ、車体記号の「クハ」「モハ」「サハ」が印字されるそうです。

また、付属品として、E235系の座席と同じ布地素材を使用したケースや、E235系の車両前面を模したセリート(メガネ拭き)も用意されています。

引用:乗り物ニュース

山手線ファンにはたまらない作りですね。

スポンサーリンク

2.山手線メガネの発売日と販売店の場所は?

山手線メガネは、メガネ販売会社の「ジンズ」が2017年11月9日(木)から数量限定で発売します。

山手線メガネの正式名称は

「E235系×JINS Made in SABAE」です。

SABAEは山手線メガネが鯖江工場で加工されることに由来しています。

10月7日(土)と8日(日)に、東京の日比谷公園で開催される

「第24回鉄道フェスティバル」

で200本(「TYPEクハ」「TYPEモハ」各100本)の山手線メガネが先行販売されるそうです。

山手線メガネに興味のある方は。要チェックですね。

また、山手線メガネは、11月8日(水)に「JINSアプリ」でも先行販売されます。

11月9日(木)以降は、

山手線メガネが

「JINSオンラインショップ」

「JINS楽天市場店」

で購入可能になります。


山手線E235系の座席クッションが大好評です。

実車同様の耐久性と手触りを感じてください!

3.山手線メガネの値段は?

山手線メガネの値段は、レンズ込みで2万円です。

高品質の素材を使用していますが、値段は一般のメガネと同程度ですね。

以上、今日は山手線メガネの発売日と販売店の場所や値段、購入方法を紹介しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

山手線メガネに負けないくらい、ガンプラも熱いです!

畑めいのガンプラ作品を紹介!父親は?ワールドカップ2017大会情報も!

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする