梅雨に雨が降る理由と梅雨明けに関する考察

みなさん、こんにちは。

梅雨入りしてから

関東はしばらく雨が降りませんでした。

最近になって

ようやく雨が降ったと思ったら

また、しばらく降らない予報

となっています。

私は、

「梅雨はダラダラ雨が降り続く」

というイメージを持っていたのですが

最近の梅雨は

「強い雨が降ったり」

「全く降らなかったり」

の両極端のような気がします。

これも地球温暖化による異常気象が

原因なのでしょうか。

ところで、みなさんは

何故、梅雨があるかご存知ですか?

日本人にとって

梅雨は当たり前の現象ですが

世界的に見ても

日本の梅雨のように夏の初めに

一ヶ月程度連続して

雨が降るのは珍しい事なのです。

今日は、そんな梅雨について

記事を書きたいと思います。

スポンサーリンク

1.梅雨前線が出来る原理

ここからは、

中学生の時に勉強した

「天気の変化」について

少し思い出しながら

記事を読んで下さい。

梅雨は梅雨前線と呼ばれる

停滞前線が日本上空に留まり

この停滞前線が長期的に

雨を降らすことによって起こります。

停滞前線は暖気の勢力と寒気の勢力が

ほぼ同じ時に形成されます。

現在の所

梅雨前線の形成に関与しているのは

  • 暖気は小笠原気団
  • 寒気はオホーツク気団

の二つと考えられています。

「気団」とは、

長い間、同じ場所に停滞した空気が

その場所の影響を受け

同じ性質をもった

大気の集まりのことです。

例えば、

海の上であれば水蒸気量の多い大気

寒い場所であれば低温の大気

になるのです。

気団は温度と水蒸気量によって大きく

  • 低温・多湿
  • 低温・乾燥
  • 高温・多湿
  • 高温・乾燥

の4つに分類されます。

オホーツク気団は「低温・多湿」

小笠原気団は「高温・多湿」

な気団です。

前線は性質の異なる二つの気団の境界に

形成されます。

高温の気団と低温の気団がぶつかると

低温の気団が高温の気団の下に

潜り込みます。

その結果、高温の気団は

上空に押し上げられる形になり

上昇気流となります。

小笠原気団は高温・多湿な気団なので

水分を水蒸気の形で

大量に含んでいます。

水蒸気が上昇気流によって

上空に舞い上げられると

気温の低下により

水蒸気は

非常に小さい水滴に変化します。

これが雲の正体です。

氷水の入ったコップの外側に

水滴がつくのと同じ原理ですね。

水蒸気が水滴に変わる時

熱が放出されますが

この熱を「凝結熱」と言います。

また、

暖かい空気は冷たい空気より

軽い性質があります。

その為、

凝結熱で暖められた水滴を含む空気は

空気の上昇を更に加速させます。

この上昇気流を、「対流」と言います。

対流によって強い上昇気流が出来ると

地表近くにあった暖かい空気が

一気に上空へ運ばれ

水蒸気が凝結して

積乱雲が出来ます。

対流によってできた積乱雲が

西風で流されることによって

東西に長い前線

つまり、梅雨前線が出来るわけです。


スポンサーリンク

2.梅雨はどうやって明けるのか?

梅雨前線は

湿った寒気団と暖気団が

ぶつかって出来ることがわかりました。

では、次に梅雨明けは

どのように決まるのでしょうか?

一般的に、

梅雨は小笠原気団が

オホーツク気団より

強い勢力になった時に

明けると言われています。

ところで、

沖縄地方で起きる梅雨に

本当にオホーツク気団が

関与しているのでしょうか?

オホーツク海から沖縄までは

1000キロ以上離れており

オホーツク気団が直接沖縄付近の

梅雨前線に影響していると考えるのは

無理があります。

そこで、

最近考えられているのが

黄海上にオホーツク気団とは

別の小さな気団があり

その気団が沖縄の梅雨に影響している

のではないかと言うことです。

実際、

沖縄で梅雨が盛んな時の天気図には

黄海上に高気圧が存在していることが

確認されています。

黄海は中国大陸の大陸棚上の海なので

太平洋などに比べ水深が浅いです。

その為、

太平洋や日本海に比べ

温度変化の激しい海です。

黄海は冬に大陸から

冷たい北風を受けているために

初夏の海水温は

低いことがわかっています。

よって、

黄海上にできる気団は

オホーツク気団と同様に

低温・多湿の気団なのです。

沖縄付近では、

この黄海上にある冷たい気団と

暖かい小笠原気団の境界に

梅雨前線が出来ています。

ところが、

前述の通り、黄海は浅い海なので

海水の温度が変化しやすく

黄海の水温は初夏の太陽で

6月の中旬には温められてしまいます。

すると、冷たい気団が消滅してしまい

その結果、

梅雨前線が形成できなくなり

沖縄地方は梅雨明けとなるのです。

同様に、夏が近づき

オホーツク海の水温が上昇してくると

オホーツク気団は弱まり

小笠原気団に押されて

日本列島付近の梅雨前線は

北上していくことになります。

そして、

最終的に梅雨前線は消滅し

梅雨が明けるのです。

もし、前年の冬が低温傾向で

オホーツク海の水温が

例年に比べ低い時は

海水が温められるのに時間がかかるため

オホーツク気団による高気圧が維持され

その結果、梅雨明けは

遅くなると言うことになります。

気象庁のホームページによると

今年のオホーツク海の水温は

例年に比べて若干低いので

梅雨明けは遅くなるかもしれませんね。

ただし、梅雨明けに関しては

原理が完全に解明されていないので、

まだ、運任せな所もあります。

最後に個人的には

今年はもう少し梅雨らしく

しっかりとした雨が降って

水不足にならないことを願います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



関連コンテンツ(レスポンシブ)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする