土屋りゅうじの経歴を紹介!出身高校や大学はどこ?政策と公約も調査!

2018年1月21日(日)は裾野市長選挙ですね。

元防衛庁職員の土屋龍司(りゅうじ)氏が、裾野市長選挙に立候補することを表明しました。

そこで今日は、裾野市長候補土屋りゅうじ氏の経歴を調べたので紹介します。

更に、出身高校や大学、政策や公約も紹介します。

是非、最後まで読んでください。

画像:土屋りゅうじ公式WEBサイト

土屋りゅうじ

スポンサーリンク

1.土屋りゅうじ氏の経歴

土屋りゅうじ氏は、1951年生まれです。

現在は、65歳です(2017年現在)。

土屋りゅうじ氏は裾野市平松出身です。

土屋りゅうじ氏は、裾野市立裾野西中学校を卒業後に、静岡県立沼津東高校に進学しています。

大学は、中央大学法学部を卒業しています。

大学卒業後、土屋りゅうじ氏、23歳の時に防衛省にしています。

土屋りゅうじ氏は、防衛相在職中に、

米国国防省研修(ワシントン)

在英国日本大使館参事官(ロンドン)

防衛庁防衛局国際企画課長

防衛庁人事教育局人事第1課長

大阪防衛施設局長

札幌防衛施設局長

などを歴任しています。

また、土屋りゅうじ氏は、防衛相在職中を含め、40カ国以上に渡航歴があるそうです。

土屋りゅうじ氏は防衛省退職後、保険会社の顧問を務めているそうです。

土屋りゅうじ氏は2014年に実施された、裾野市長選挙に立候補していますが、現裾野市長の高村謙二氏に敗れて落選しています。

また、土屋りゅうじ氏は、「雪の曙」という書籍を出版しています。

内容は、幕末の北海道松前藩の物語ということです。

スポンサーリンク

2.土屋りゅうじ氏の政策

土屋りゅうじ氏は、今回の裾野市長選挙の立候補にあたり、静岡新聞の取材に対して、

「防衛庁時代の経験を生かし、まちづくりでリーダーシップを発揮していきたい」

と、出馬の動機を述べています。

また、土屋りゅうじ氏は、自身のホームページで、政策や公約として

・子育て世代を徹底応援

全ての通学路に歩道を作る

園や学校行事での公共施設利用を無料にする

・世界文化遺産の都市にふさわしい、観光・福祉施設を推進

世界文化遺産の「須山浅間神社」「須山口登山道」と「パノラマロード」を整備・PRする

・活気あふれる街づくり

裾野駅西土地区画整理事業の見直し

深良新駅の設置と岩波駅前の整備

・裾野の住民力を高める

自治会活動の拠点である地区公民館の整備や耐震化

・本当に役立つ防災体制を整える

必要機材の充実・見直し

本気の防災訓練

などを述べています。

今回の、裾野市長選挙で土屋りゅじ氏は、どの政党にも属せず、無所属で立候補するそうです。

土屋りゅうじ氏に関しましては、今後も新しい情報が入り次第更新していく予定です。

以上、今日は裾野市長候補である土屋りゅうじ氏の経歴や出身高校・大学紹介しました。

更に、土屋りゅうじ氏の政策や公約も紹介しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする