谷川とむの経歴や学歴は?実家や家族を調べた!離婚の理由も調査!

谷川とむ氏は、自由民主党所属の衆議院議員です。

今日は、谷川とむ氏の経歴や高校、大学、家族について紹介します。

更に、谷川とむ氏の離婚の原因についても紹介します。

是非、最後まで読んで下さい。

画像:谷川とむtwitter

谷川とむ

スポンサーリンク

1.谷川とむ氏の経歴

谷川とむ氏の本名は、谷川與秀(ともひで)です。

谷川とむ氏は、1976年4月27日生まれです。

年齢は、41歳ですね(2017年現在)。

谷川とむ氏は、兵庫県尼崎市生まれです。

谷川とむ氏の実家は、浄土真宗本願寺派万徳寺というお寺だそうです。

谷川とむ氏は、清風中学・高校を卒業しています。

清風高校は、大阪市天王寺区にある私立高校です。

高野山真言宗大僧正である平岡宕峯が創立した高校で、仏教系の学校なのですね。

知りませんでした。

清風高校は、有名な卒業生を多数輩出していて、

政治家の松浪健太さん、体操の池谷幸雄さん、タレントの今田耕司さんが卒業しています。

谷川とむ氏は、高校卒業後、東海大学教養学部国際学科へ進学。

高校・大学生の間、谷川とむ氏は俳優として、芸能活動もこなしていたそうです。

脇役ですが、「いらっしゃいませ、患者さま。」という、渡部篤郎さん主演の映画にも出演しています。

谷川とむ氏の父親は、元参議院議員の谷川秀善氏です。

谷川とむ氏は、30歳から、父親の秘書を務めています。

谷川とむ氏は、2014年の衆議院議員選挙に、自由民主党公認で大阪19区から出馬し、選挙区では落選してしまいますが、比例区で復活当選。

見事、衆議院議員になりました。

現在、1期目です。

しかし、実家のお寺といい、国会議員といい、完全に世襲家族ですね。

スポンサーリンク

2.谷川とむ氏の家族は?

前述の通り、谷川とむ氏の実家は、浄土真宗本願寺派万徳寺というお寺です。

また、父親は、元参議院議員の谷川秀善氏です。

谷川とむ氏には、10歳ほど年の離れた谷川正秀氏という兄がいます。

谷川正秀氏も、28歳で尼崎市議会議員になり、43歳の時、尼崎市長選挙に立候補していますが、落選。

現在は、僧侶と政治の仕事を掛け持ちしながら、充電中ということです。

谷川とむ氏の妻は、政治家の吉羽美華氏です。

正確には、元妻です。

2014年11月1日に結婚しています。

二人の間には、お子さんも1人いるようです。

しかし、残念ながら、2016年にお二人は離婚しています。

原因は、谷川とむ氏のDVだそうです。

お子さんの親権についても、色々ともめたようで、河北新聞に興味深い記事があったので載せておきます。

消息筋によると、衆院大阪19選挙区の谷川とむ議員(40歳、自民)のDVが高じて妻の吉羽美華氏(元寝屋川市議)と離婚調停中である事が明らかになったが、離婚調停中に同議員の国会議員として、また人間としての資質が明らかになり「国政を担う資格があるのか」とする声が高まっている。

妻の吉羽氏によると谷川議員は現在のところ養育費もくれず、子供の親権も要求していると言うが何とその理由が驚くほど責任感の無さを露呈している。

二人の間に出来た子供の親権に関し、谷川議員曰く「自分は議員として忙しく子育ては出来ない。

だから貴方も政治活動するなら子育ては出来ないでしょう。

兄夫婦に子供がないから兄夫婦の子供にします。だから親権を譲って欲しい」と、のたまっていると言う。

これに対して吉羽氏が反論し「自分が育てるから親権を譲って欲しいと言うならまだしも…兄夫婦が育てるからって…」と、谷川議員の無責任な感覚に呆れ返っている。

吉羽氏は「私はこれまで傷ついてきた事を別居する半年前から記録しており、裁判でもDVを訴えます」と用意周到さを覗かせ、谷川議員の暴力が嘘ではない事を強調している。

引用:https://matome.naver.jp/

う~ん、なんだか、どろどろな状態ですね。

谷川とむ氏の元妻吉羽美華氏についても調べました。

吉羽美華(希望の党)の経歴や年齢は?高校や大学はどこ?家族を調べた

以上、今日は、谷川とむ氏の経歴や高校、大学、家族について紹介しました。

また、谷川とむ氏の離婚の原因についても紹介しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

谷川とむ氏の元妻吉羽美華氏が希望の党の公認候補として、衆議院議員選挙に出馬します。

自民党の萩生田光一幹事長代行の刺客ということです。

萩生田光一氏といえば、加計問題ですね。

安倍首相と加計理事長のお友達を調べました。

高橋精一郎の年収は?加計安倍関係の高校や大学や経歴も調べた!

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする