集中豪雨が「梅雨の後半」に「九州」で起きる理由

みなさん、こんにちは。

先日、九州北部の福岡県と大分県を集中豪雨が襲いました。

大勢の人が被災し、多数の死者・行方不明の方が出ています。

また、現在も多くの方が避難生活を強いられています。

被災者の方々には心よりお見舞いを申し上げます。

さて、今日の記事は、梅雨の後半に起こる集中豪雨の話です。

例年、梅雨が終わりにさしかかる、7月の中旬から下旬にかけて、九州地方を中心とした集中豪雨が起こることが多いです。

それでは、何故、梅雨の後半に九州地方で集中豪雨が起こることが多いのでしょう?

今日は梅雨の後半に起こる集中豪雨とそれが九州地方で起こる理由について、解説します。

スポンサーリンク

1.集中豪雨が梅雨の後半に起こる理由

気象庁の資料によると、関東甲信越地方の梅雨は、7月中旬から下旬にかけて、明けることが示されています。

ここ数年、7月中旬から下旬の梅雨明けの時期になると、各地で集中豪雨のニュースが報じられます。

梅雨明けの時期の集中豪雨には、海水温が強く影響していると考えられます。

梅雨の始まる、6月は、海水温はそれほど高くありません。

その為、海上の空気には、まだそれほど多くの水蒸気が含まれていません。

しかし、梅雨終盤の7月中旬頃には、太陽光によって海水の温度が高くなっています。

すると、海上に水蒸気をたくさん含んだ空気がより多くなります。

以前の記事でも紹介しましたが、

水蒸気をたくさん含んだ空気が、暖かい空気の上昇気流で上空に運ばれると、水滴が出来ます。

水蒸気が水滴に変わる時、凝結熱と呼ばれる熱が空気中に放出されます。

凝結熱によって暖められた水滴を含む空気は、空気の上昇を更に加速させます。

この上昇気流は、対流と呼ばれ、対流によって強い上昇気流が出来ると、地表近くにあった暖かい空気が、一気に上空へ運ばれ、次々と水蒸気が凝結して、積乱雲が出来るのです。

つまり、空気中の水蒸気量が多ければ多いほど、上昇気流が起きて、積乱雲が多く発生します。

よって、海水温が低い6月より、海水温が高い7月の方が、積乱雲が出来やすいのです。

その結果、梅雨の後半に集中豪雨が起きやすくなります。


スポンサーリンク

2.集中豪雨が九州で起きやすい理由

次に、梅雨明けの集中豪雨が九州地方でよく起きる理由を解説します。

先ほど、集中豪雨には、海水の温度が影響している事を書きました。

九州地方では、東シナ海の海水温度が影響していると考えられます。

東シナ海は、中国大陸から続く大陸棚の上に存在している海です。

その為、太平洋に比べて、水深が浅いので、日光の影響を受けやすく、6月と7月の平均水温の差は3~4度にも達します。

前述の通り、海面の水蒸気量は、海水温が上昇すると、急激に増加します。

そのため、7月の東シナ海には、とても多くの水蒸気を含んだ空気が溜まっています。

梅雨の終盤である7月中旬には、梅雨前線は九州の北部に存在し、太平洋高気圧から前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込みます。

更に西方からの風によって、東シナ海から非常に湿った空気が入り込み、太平洋から来た空気と合流します。

この暖かくとても湿った空気は、ほんの少し上昇すると、積乱雲を発生させ、積乱雲を容易に発達させます。

その結果、集中豪雨が発生するのです。

九州では、近年、大きな被害を招く、集中豪雨が多数発生しています。

実は、東シナ海は世界的に見ても、ここ数年間で平均海水温度の上昇が著しかった海域なのです。

近年の九州の集中豪雨は、東シナ海の水温の上昇が原因である可能性が高いと思われます。

最近は、九州以外の地域でも、梅雨の終盤に集中豪雨が起きて、多大な被害をもたらすことがあります。

集中豪雨の主な原因は、今日お話ししたように、海水の温度が強く関与しています。

九州以外で起きる集中豪雨にも海水の温度上昇が関与していると思われますが、詳細はまだわかっていません。

また、地球の温暖化に伴って、気温と海水の温度が上昇してくると、集中豪雨が今よりも1ヶ月早い、6月の下旬に起こる可能性もあるそうです。

今後、さらなる注意が必要ですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする