佐野俊二の経歴は?小児心臓外科医の学歴と収入や家族も調べた!

サンフランシスコのカリスマ小児心臓外科医の佐野俊二教授の経歴を調べました。

更に、天才医師佐野俊二教授の学歴や年収、家族についても調べました。

佐野俊二 経歴

スポンサーリンク

  1. 佐野俊二教授の経歴は?
  2. 佐野俊二教授の学歴は?
  3. 佐野俊二教授の年収は?
  4. 佐野俊二教授の家族は?

1.佐野俊二教授の経歴は?

佐野俊二医師は、カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)小児心臓胸部外科の教授です。

佐野俊二教授は、カリフォルニア大学教授の前職は岡山大学大学院医歯薬学総合研究科において心臓血管外科の教授をしていました。

佐野俊二教授は、24歳で医師になると、岡山大学外科学第2講座に入り、医師としてキャリアスタートさせました。

その後、岡山大学の大学院で心臓外科を専門に学んでいます。

そして、32歳の時に、ニュージーランド・オークランド大学メディカルスクールの小児専門病院(GLH)へ留学しました。

この、GLHで佐野俊二教授は、心臓手術の基本技術をBrian Barratt-Boyes教授から学びました。

GLHで心臓外科医として2年間で1000例以上の手術を経験した佐野俊二教授は、オーストラリア、メルボルン大学の王立小児病院(RCH)へ移り、Mee教授の元で、新しい心臓手術方を習得していきます。

その時の業績を評価され、佐野俊二教授は36歳の若さでメルボルン大学小児心臓外科の准教授に就任しました。

佐野俊二教授は37歳の時に、母校である岡山大学医学部へ復帰して、40歳の時に岡山大学医学部心臓血管外科の教授に就任しました。

その後、小児心臓病医療のパイオニアとして、数々の業績をあげ、2016年64歳でUCSFからヘッドハンティングされて、小児心臓胸部外科の教授となりました。

UCSFではノーベル賞受賞者で、再生医学第一人者である山中伸弥教授も在籍していることから、今後は再生医療を用いた、最先端の心臓手術を行っていくと考えられます。

佐野俊二 経歴 学歴

スポンサーリンク

2.佐野俊二教授の学歴は?

佐野俊二教授は1952年広島県福山市で生まれると、広島県立福山誠之館高等学校へ進学しました。

誠之館高校は広島県でも屈指の進学校で、広島県教育委員会から広島県のトップリーダーハイスクールに指定されています。

卒業生には井伏鱒二などの文人の他にも多数の政治家や大学教授、大企業の社長がいるます。

佐野俊二教授は、誠之館高校を卒業後、岡山大学医学部へ進学し、医師免許を取得しました。

佐野俊二 経歴 年収

3.佐野俊二教授の年収は?

佐野俊二教授の正確な年収を調べることは不可能ですが、アメリカの有名大学の大学教授の平均年収は1600万円程度言われています。

しかし、アメリカの心臓外科医の平均収入は7000万円近くと言われており、佐野俊二教授のように、スーパードクターと呼ばれるような医師になると、億単位で年収を稼いでいると考えても不思議ではありません。

ちなみに、日本の国立大学医学部教授の平均年収は1200万円程度言われています。

アメリカの医師と比較すると10倍以上の差があるのですね。

日本の医師はエリートとしてあがめられていますが、金銭面ではかなり苦しい状況を強いられているのがわかります。

佐野俊二 経歴 家族

4.佐野俊二教授の家族は?

佐野俊二教授には奥さんがいます。

子供もいると思われますが、詳細は掴めませんでした。

佐野俊二教授は、地方大学の医学部出身だった為に、留学など、様々な場所で苦労をしてきました。

しかし、留学先へ共に赴いた奥さんや家族の支えで、多くの困難を突破し、現在に至っています。

子供についての情報は得られませんでしたが、素晴らしい両親に育てられていますので、優秀な人材であることが予想できます。

以上、カリフォルニア大学サンフランシスコ校医学部の佐野俊二教授について記事を書きました。

佐野俊二教授には、医師そして教育者として、今後も素晴らしい業績を上げてくれることを強く期待します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする