坂下千瑞子(ちずこ)のがんのステージは?講演や活動を紹介!家族も!

坂下千瑞子(ちずこ)さんは、東京医科歯科大学医学部附属病院 血液内科の医師です。

9月23日(土)にNHK BSプレミアムで

スーパープレミアム「医師の闘病から読み解く がんを生きる新常識」

が放送されます。

番組では、

日本でがんになる人は年間100万人以上。自分が、家族が、大切な人ががんになったとき、治療はどう選ぶ?家族や職場にどう伝える?暮らしはどう守る?がんを経験した6人の医師がスタジオに集まり本音トークを展開。医師だからこそ知り得た情報や解決策を紹介する。豪華ゲスト陣を交え、明るく真面目に「がん」について、とことん語り、考える3時間。がんになっていない人も必見!医師の闘病から読み解くがんを生きる新常識。

という内容で、放送されます。

坂下千瑞子さんは、番組内でガンを経験した医師として出演するそうです。

そこで、今日は、坂下千瑞子(ちずこ)さんのがんのステージは?講演や活動を紹介!家族も!という内容で記事をまとめました。

是非、最後まで読んで下さい。

画像:産経新聞社ゆうゆうLife

坂下ちずこ

スポンサーリンク

1.坂下千瑞子さんの経歴

坂下千瑞子さんは1966年生まれです。

現在、51歳です(2017年現在)。

坂下千瑞子さんは大分県大分市生まれで、大分大学の医学部で医師免許を取得しています。

大学卒業後、坂下千瑞子さんは東京医科歯科大学第一内科に入局し、同時に血液内科学を専攻しました。

2004年に、医師である夫と共に渡米し、研究生活を始めたところ、骨軟部肉腫(にくしゅ)を発症したそうです。

骨軟部肉腫とは、

骨(ほね)にできた腫瘍と、骨よりやわらかい軟部組織(おもに筋肉、脂肪組織、皮下、結合組織、末梢神経など)に発生する腫瘍を総称です。

骨軟部肉腫は他の癌に比べれば非常にめずらしい腫瘍で、年間の罹患率は軟部肉腫で10万人に一人、骨肉腫で100万人に一人から二人といわれています。

引用:神奈川県立がんセンター

坂下千瑞子さんはアメリカでガンの診断を受けましたが、アメリカの主治医から、

「病理診断が原発不明がんの骨転移であれば、根治的な大がかりな手術ではなく、ダメージが少ない、苦痛を緩和するような手術に変更して生活の質を維持する治療方針」を提案されたそうです。

つまり、原発巣は不明ですが、ステージ4の骨転移の可能性を診断されたわけです。

しかし、坂下千瑞子さんは、最後まで諦めず、やれることは全てやる覚悟で、日本に帰国してきました。

結局、坂下千瑞子さんのガンのステージはわからず、日本で腫瘍の全摘出手術を行いました。

しかし、残念ながら、ガンは再発してしまい、抗がん剤と重粒子線による治療を実施したそうです。

スポンサーリンク

2.坂下千瑞子さんの家族

坂下千瑞子さんは医師一家で、夫の他に、父親も医師と言うことです。

坂下千瑞子さん本人も含めて、3人の医師が協力して、論文やインターネット、知り合いをフル活用して、病気や病院について検討したそうです。

ちょっと、うらやましい環境ですね。

また、坂下千瑞子さんには娘さんが一人います。

この娘さんの存在が、坂下千瑞子さんのがんと闘う励みになったそうです。

3.坂下千瑞子さんの講演や活動

坂下千瑞子さんは現在、東京医科歯科大学の医師の他に、「笑い療法士」や「リレーフォーライフ」というイベント活動を行っているそうです。

リレーフォーライフとは

リレー・フォー・ライフは、アメリカがん協会が行うチャリティーイベント。

全米約5000カ所で毎年開かれ、がんについて啓発し、がん患者の勇気を称え、がん研究や患者支援のために寄付を集めることを目的としている。

世界24か国で開催されている。

日本では2006年に始まり、公益財団法人日本対がん協会と各地の実行委員会が主催している。

引用:ウィキペディア

坂下千瑞子さんはリレーフォーライフの活動の一環として、講演を行うことがあるそうです。

興味のある方は、リレーフォーライフの事務局に確認してみて下さい。

リレーフォーライフジャパン

以上、今日は、坂下千瑞子(ちずこ)さんの経歴とガンのステージや、講演や活動について紹介しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

番組出演者の浜中和子先生が、様々ながんサポート活動をしています。

浜中和子の経歴を紹介!ガンのステージは?本や講演と活動も調べた!

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする