小幡美香は島根安来の借金旅館の女将!経歴や実家を調査!竹葉の評判も!

今日は、島根県安来市温泉旅館竹葉(ちくよう)の美人女将小幡美香(おばたみか)さんの経歴や実家、性格や評判について調査したので紹介します。

更に、旅館竹葉で名物のどじょうすくいの動画や評判についても紹介します。

是非、最後まで読んで下さい。

小幡美香 経歴 実家

スポンサーリンク

1.小幡美香さんの経歴

小幡美香さんは、1970年9月30日生まれ、島根県松江市出身です。

島根県立松江南高等学校を卒業した後、尾道短期大学(現尾道大学)の経済学部経済学科を卒業しています。

大学卒業後、島根県松江市の農林中央金庫に就職しました。

小幡美香さんは、1997年に農林中央金庫を退職すると、島根県安来市にあるさぎの温泉旅館竹葉の若旦那と結婚しました。

当時、竹葉は経営が苦しかった為に、借金があったそうです。

そのため、小幡美香さんの家族から結婚を反対されたそうですが、小幡美香さんは持ち前のエネルギーで

「借金しても命まで取られることはないから」

と言って、竹葉に嫁いでいったそうです。

現在、小幡美香さんは、竹葉の女将と同時に、二人の子供のお母さんをしているそうです。

「女は強し」ですね。

2.小幡美香さんの実家

小幡美香さんのご実家は、島根県松江市東出雲町にあります。

干し柿の生産農家をやっていて、作った干し柿は、あの「日本橋千疋屋総本店」で一つ1000円で販売されている、高級品だそうです。

また、天然甕(かめ)仕込みの柿酢も販売されているそうです。

百市の干し柿や柿酢に興味のある方はご覧下さい。

百市の干し柿や柿酢の評判や口コミは?商品や購入方法を調べた!

3.小幡美香さんの性格と評判

小幡美香さんは、とても活動的でエネルギッシュな人です。

その為、竹葉の女将業の他にも、クシマクロビオティックス・コンシェルジュの資格を取得したり、島根県の伝統芸能「安来節どじょう掬い踊り」准師範など、その他にもたくさんのことをやっています。

竹葉の女将としてはもちろん、外部でも観光大使なども務めています。

また、小幡美香さんは、とても優しく、気の利く人だそうです。

小幡美香さんは、竹葉のお客さんが布団の重いという意見に対して、すぐに客室の布団を全て軽い物に好感するなど、おもてなしの心をもって接客しています。

また、宿泊以外のお客様にも、とても丁寧に対応するそうです。

ということで、小幡美香さんの評判はとても良いみたいですよ。

スポンサーリンク

4.旅館竹葉の評判

最後に、小幡美香さんが女将を務める、旅館竹葉の評判です。

さぎの湯温泉旅館竹葉は米国の日本庭園専門誌で日本一になった、ミシュラン三つ星観光地、足立美術館から徒歩で30秒の所にあります。

竹葉は、昭和34年12月12日に湯治場として開業しました。

竹葉の温泉は、かつては尼子の御殿湯とも言われた効能高い、さぎの湯温泉を使用しています。

また、源泉から天然温泉をそのまま引いているので、加水・加温無く掛け流しで24時間利用することが出来ます。

また、竹葉の食事は、マクロビオティック・薬膳コースから地元で獲れた海鮮コースまで「カラダに美味しく、優しいお料理」を提供しています。

余興として、女将のどじょうすくいも見ることが出来るそうですよ。

竹葉に興味のある方は、ご覧下さい。

温泉旅館竹葉の場所や値段を調べた!評判やどじょうすくいの動画も!

今日は、島根県安来市温泉旅館竹葉の美人女将小幡美香さんの経歴や実家、性格や評判について紹介しました。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする