奈良岡功大バドミントンのランキングを調査!成績やラケットも紹介!

今日は、バドミントン選手の奈良岡功大(ならおかこうだい)選手の世界ランキングと国内ランキングや、最近の成績を調べたので紹介します。

更に、奈良岡功大選手の身長や、奈良岡功大選手が使っているラケットも紹介します。

是非、最後まで読んで下さい。

スポンサーリンク

1.奈良岡功大選手の中学と高校

奈良岡功大選手は、2001年6月30日生まれの16歳です。

青森県青森市出身で、青森市立浪岡小学校・中学校を卒業した後、現在は青森県立浪岡高校に在籍しています。

後ほど、紹介しますが、奈良岡功大選手は小学校・中学校とバドミントンで素晴らしい成績を収めていたので、高校はバドミントンの名門高校へ進学すると思われましたが、地元の公立高校へ進学しています。

奈良岡功大選手が、バドミントンを始めたのは5歳の時。

お父さんが、地元で「浪岡ジュニアバドミントンクラブ」の監督をやっていたのがきっかけでした。

身長は171cmとそれほど大きくないのですが、早い時期からバドミントンに取り組めたこと、そして、お父さんのスピリットを感じながら練習を続けてこれたので、ここまで素晴らしい選手になれたのだと思います。

奈良岡功大 バドミントン ランキング

2.奈良岡功大選手の成績

奈良岡功大選手のバドミントンプレイヤーとしての成績ですが、その栄光は小学生の時から始まっています。

まず、全国小学生バドミントン選手権大会に小学校4年から出場し、学年別で3年連続優勝を果たしています。

そして、中学校の時は、中学生の全国大会である全日中をなんと3連覇してしまっているのです。

バドミントンの全日中3連覇は、奈良岡功大選手が初めてだそうですよ。

更に、奈良岡功大選手は、中学2年生の時には、国内最高峰の全日本総合選手権で、大会最年少勝利を果たしています。

あのNTT東日本の桃田賢斗選手より、早いんですよ。

すごいです。

そして、最近では、日本ランキングサーキットという大会に出場し、実業団の選手達と戦い、見事準決勝まで進出しています。

ちなみに、この大会の優勝者は桃田賢斗選手でした。

いつか、奈良岡功大選手が、桃田賢斗選手とガチで闘うところを見たいですね。

2017年7月29日からは高校総体も始まります。

これまで、高校1年生で高校総体を優勝した選手は、バドミントンではいないそです。

またまた、史上初を奈良岡功大選手に期待です。

スポンサーリンク

3.奈良岡功大選手の国内ランキングと世界ランキング

現在、バドミントンの国内ランキング1位は、日本ユニシスの坂井一将選手です。

NTT東日本の桃田賢斗選手は、最近絶好調ですが、休養開けということもあって、現在5位です。

奈良岡功大選手の国内ランキングは、現在11位です。

11位といっても、上位10人は、一人が大学生で、残りは全員実業団所属の選手達です。

ランキング20位以内に入っている高校生は奈良岡功大選手しかいません。

奈良岡功大選手の、BWF世界ランキングは現在185位です。

高校生が世界ランキングに入ること自体、あまりないそうなので、これからも頑張って欲しいですね。

4.奈良岡功大選手のラケット

奈良岡功大選手のラケットを紹介します。

使用ラケットは

<YONEX>NANORAY Z-SPEED

使用ストリングは

<YONEX>BG66ULTIMAX

です。

ポンド数は不明

引用元:http://www.taiikusha.co.jp/

ということでした。

以上、今日は、バドミントンの奈良岡功大選手の世界ランキングと国内ランキングや、最近の成績を紹介しました。

更に、奈良岡功大選手の身長や、奈良岡功大選手が使っているラケットも紹介しました。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする