マーズルー(蘭州ラーメン)の店の場所は?メニューや値段を調査!味も

8月28日の未来世紀ジパングで、中国の老舗ラーメンチェーン「蘭州ラーメン馬子禄(マーズルー)」が紹介されます。

そこで、今日はマーズルー(蘭州ラーメン)の店の場所は?メニューや値段を調査!味もという内容で、まとめてみました。

是非、最後まで読んで下さい。

マーズルー 場所

スポンサーリンク

1.蘭州ラーメンとは?

みなさん、ラーメンは大好きですよね。

私もラーメンは大好きです。

そんな日本人のソウルフードラーメンですが、その発祥が中国であることは有名です。

蘭州ラーメンとは、牛肉のスープに、手打ちで伸ばして茹でた麺のラーメンです。

日本のラーメンは、鶏ガラや豚骨、魚粉を使ったものが多いですが、蘭州ラーメンは、牛骨ベースなのですね。

麺は、手打ち麺を使用していて、ソー麺みたいに細い麺から、幅が5センチもある太麺まであるそうですよ。

スープの薬味にコリアンダーやパクチーなどのハーブが使用されていて、スープの上に香辛料を加えた辛い油を加えて頂くそうです。

味を想像しただけで、よだれが・・・。

蘭州ラーメンは、中国ではとてもメジャーなラーメンで、蘭州市内には3000軒以上の蘭州ラーメン屋があるそうですよ。

もちろん、中国全土に蘭州ラーメン屋さんがあるそうです。

中国人の国民食ですね。

2.蘭州ラーメン馬子禄(マーズルー)の場所は?

そんな蘭州ラーメンですが、今日紹介する馬子禄(マーズルー)牛肉面は、中国でも最大の蘭州ラーメン店で、中国政府から老舗の称号である「中華老字号」に認定されているそうです。

馬子禄(マーズルー)の場所は

東京都千代田区神田神保町1-3-18

TEL:03-6811-7992

行き方は、

JR御茶ノ水駅の御茶ノ水橋口から徒歩で約7分

地下鉄神保町駅のA7出口から徒歩で約3分

靖国通り沿いの書泉グランデ並びになります。

スポンサーリンク

3.馬子禄(マーズルー)牛肉面のメニューは

マーズルーのメニューは「蘭州牛肉面」の一品しかないそうです。

値段は880円です。

ただ、麺の種類は細麺、平麺、三角麺の中から選ぶことが出来るそうです。

また、パクチー抜きやパクチーの大盛り(120円)、牛肉大盛り(200円)などのトッピングを選ぶことも出来るそうですよ。

4.馬子禄(マーズルー)牛肉面の味は?

蘭州牛肉面のスープは透明で、ハッカクの香りがします。

でも、意外とクセがなく牛肉や牛骨の出汁も利いています。

スープ自体の味は濃いですが、とてもあっさりしています。

麺は、手打ちなのでとても伸びやすいそうですが、打ち立てだからか非常にモチモチとしているそうです。

どちらかというと、細くてつるつるのうどんに近いそうです。

トッピングの牛肉も薬膳の香りで、とても柔らかく、脂も少ないので、食べやすいそうです。

また、薄切りの大根がトッピングされていて、味がよく染みていて、やさしい味です。

全体的にはあっさり味ですがが、ラー油と葉ニンニクがしっかり効いていて美味しいそうです。

マーズルーの営業時間は、

11:00~21:00

ですが、スープが無くなり次第、終了するそうです。

マーズルーは、8月22日にオープンしたばかりなので、大変話題で大人気だそうです。

開店時には50人ほどの行列が出来ているそうなので、少し時間をおいてから出かけた方が良いかもしれませんね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする