松永大介(競歩)の成績とランキングを調査!ライバルも調べた!

今日は、2017年陸上世界選手権20km競歩代表松永大介選手の成績とランキングを紹介します。

更に、松永大介選手のライバルを調査して、メダル獲得も予想しましたので、最後まで読んで下さいね。

松永大介 ランキング

スポンサーリンク

1.松永大介選手の経歴

松永大介選手は、1995年3月24日生まれの22歳です。

出身は、神奈川県横浜市です。

松永大介選手は、横浜市立浜中学校を卒業し、高校野球で有名な横浜高等学校へ一般入試で進学しました。

高校卒業後、東洋大学に進学しています。

大学卒業後は、同じ20km競歩代表の高橋英輝選手が所属する富士通に入社し、活躍しています。

2.松永大介選手の成績

松永大介選手は中学時代から陸上競技をやっていましたが、競歩競技を始めたのは横浜高校の時からでした。

松永大介選手は、2014年の世界ジュニア日本選手権1万メトール競歩において、日本人初の金メダルを獲得しました。

更に、2015年のユニバーシアード20km競歩では銅メダルを獲得しています。

また、2016年のリオデジャネイロオリンピックにも20km競歩の日本代表選手として参加しています。

松永大介選手は、2017年3月に行われた、全日本競歩能美大会で2連覇を果たして、世界陸上代表選手に選ばれています。

3.松永大介選手の2017年のランキング

松永大介選手の2017年のシーズンベストは1時間19分40秒です。

世界ランキングは、第13位です。

同じく20km競歩で日本代表の高橋英輝選手のランキングが第2位、藤沢勇選手が第3位なので、若干見劣りはします。

しかし、松永大介選手の自己ベストは1時間18分53秒なので、自己ベストが出せれば、十分入賞圏内です。

松永大介選手はまだ若いですから、試合ごとに成長していくと思うので、世界陸上本番に期待ですね。

スポンサーリンク

4.松永大介選手のライバル

松永大介選手の最大のライバルは、中国のKaihua Wang選手ではないでしょうか。

最近、中国は競歩競技でめきめき力をつけてきており、2016年のリオデジャネイロオリンピックでも、同じく中国の王鎮選手が金メダル、蔡沢林選手が銀メダルとワンツーフィニッシュしています。

Kaihua Wang選手は、今年の世界ランキングが1位なので、松永大介選手にとって、手強いライバルになると思います。

その他にも、忘れてはならないのが、日本人選手の2人です。

松永大介選手の他に、日本代表として20km競歩には、高橋英輝選手と、藤沢勇選手が出場します。

二人とも、2017年の世界ランキングの上位にいますので、松永大介選手にとっては、先輩であると同時に、良きライバルなのではないでしょうか。

5.松永大介選手のメダルの色は?

最後に、松永大介選手のメダルの予想です。

金メダル・銀メダル・銅メダルの中で・・・

やはりがんばって金メダルを獲得して欲しい!ところですが、

今回は、何色でもいいのでメダルを獲得して欲しいですね。

松永大介選手は、東京オリンピックでも代表に選ばれる可能性が高いと思うので、たくさん経験を積んで欲しいです。

今日は、2017年陸上世界選手権20km競歩代表松永大介選手の成績やランキングとライバルを紹介しました。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする