小牟禮尊人(こむれたかひと)の作品やアトリエを紹介!購入方法も!

小牟禮尊人(こむれたかひと)さんは、有名なガラス作家です。

今日は、小牟禮尊人さんの作品やアトリエ、ギャラリー、展示場、工房を紹介します。

更に、小牟禮尊人さんの作品の購入方法も紹介します。

9月25日(月)にNHK総合で放送される「超絶 凄(すご)ワザ!奇跡のヴェネチアン・グラスに挑め!」で、小牟禮尊人さんが出演します。

番組では、

120年前、ヴェネチアで作られた奇跡のグラス。なんと風でカップが揺れ動いたという。伝説の再現に日本のガラス作家が挑む。現地調査と製作に密着…想像を超える困難が!

というサブタイトルで、

水の都ヴェネチアに伝わる伝説のワイングラス。なんと風が吹くだけで揺れ動いたという。しかし、今ではもう誰も作れないのだとか。そこで今回は、奇跡のワイングラスの再現に、日本のガラス作家が挑戦!ヴェネチアで現地調査を敢行。美術館で圧倒的な美に遭遇し、ガラス工房で超絶技巧を目撃。再現への手がかりを得て製作にとりかかるが、想像を超える数々の困難が…!120年前にイタリアで作られた名品の秘密に、日本人が迫る!

という内容で放送されるそうです。

そこで、今日は、小牟禮尊人(こむれたかひと)さんの作品やアトリエを紹介!購入方法も!というタイトルで記事をまとめてみました。

是非、最後まで読んで下さい。

画像:秋田公立美術大学

小牟禮尊人 こむれたかひと 購入方法

スポンサーリンク

1.小牟禮尊人さんの経歴

まず始めに、小牟禮尊人(こむれたかひと)って、凄い名前ですよね。

一発で読める人っているのでしょうか・・・・。

小牟禮尊人さんは、1962年鹿児島県生まれです。

現在、55歳ですね。

小牟禮尊人さんは、1985年に東京造形大学建築学部を卒業しています。

大学卒業後、小牟禮尊人さんはオーヤマ照明株式会社に入社しています。

小牟禮尊人さんは、1988年にカナダでガラス工芸と出会い、1989年に富山ガラス造形研究所造形科に入学しています。

最初から、ガラスの専門家というわけではなかったのですね。

1993年に同研究所を卒業後、小牟禮尊人さんは岩手県一関市のサハラガラスパークで勤務していました。

その後、小牟禮尊人さんは、2001年から秋田公立美術工芸短期大学で助教授を務め、現在は、秋田公立美術大学美術学部美術学科で教授をしています。

小牟禮尊人さんは、ガラス工芸展覧会で、これまでに数々の賞を受賞しています。

更に、テレビ東京で放送された、テレビチャンピオン「ガラス職人選手権」では、三連覇も果たしています。

いわば、日本のガラス工芸の第一人者ですね。

2.小牟禮尊人さんのアトリエの場所は?

小牟禮尊人さんは、秋田公立美術大学の教授の他に、秋田市新屋ガラス工房でリーダーも務めているそうです。

秋田市新屋ガラス工房の場所は、

秋田県秋田市新屋表町5番2号

TEL:018-853-4201

FAX:018-853-4202です。

行き方は、JR羽越本線新屋駅から徒歩10分です。

館内には、アトリエや工房、ギャラリー(展示室)があるので、小牟禮尊人さんの作品を見ることが出来ると思います。

スポンサーリンク

3.小牟禮尊人さんの作品

小牟禮尊人さんの作品の画像を、秋田公立美術大学のホームページよりお借りしてきました。

小牟禮尊人 こむれたかひと 購入方法

作品名「Tension」

小牟禮尊人 こむれたかひと 購入方法

作品名「雲上の皿」

小牟禮尊人 こむれたかひと 購入方法

作品名「時空を超えて」

小牟禮尊人 こむれたかひと 購入方法

作品名「蜃気楼」

どれも、神秘的で、とても素敵な作品ですね。

4.小牟禮尊人さんの作品の購入方法

小牟禮尊人さんの作品がインターネットで、販売されていたので紹介します。

ウィスキーの記念ボトルを小牟禮尊人さんが製作しています。

250周年記念商品なので、100本限定と言うことです。

貴重な商品ですね。

今日は、小牟禮尊人さんの作品やアトリエやギャラリー、展示場、工房を紹介しました。

また、小牟禮尊人さんの作品の購入方法も紹介しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする