カジカの子荒波漬の通販や注文方法と販売店は?所さんお届けモノです!

カジカの子・荒波漬は、三國清三シェフが「増毛(ましけ)のキャビア」として絶賛した北海道の珍味です。

9月17日(日)に放送される所さんお届けモノです!で紹介されます。

番組では、

一流レストランシェフ絶賛!濃厚な珍味

「オテル・ドゥ・ミクニ」三國清三シェフが絶賛…知る人ぞ知る濃厚な味わいの“北海道の珍味”

という内容で放送されるそうです。

さて、一体どんな珍味なのでしょう楽しみですね。

そこで、今日は、カジカの子・荒波漬の販売店と通販や注文方法は?という内容で記事をまとめてみました。

是非、最後まで読んで下さい。

画像:http://www.marukoendh.com/index.html

カジカの子 荒波漬

スポンサーリンク

1.カジカとは?

カジカとは、ウィキペディアによると、

カサゴ目カジカ科の魚です。

地方によっては、ゴリ、ドンコと呼ばれることもあるそうです。

日本固有種で、北海道南部以南の日本各地に分布しているそうです。

見た目はあまり良くないそうですが、味はとても美味しい魚で、鍋料理などに出汁として使われるそうです。

カジカ

画像:Honda釣り倶楽部ホームページ

2.カジカの子荒波漬とは?

「カジカの子荒波漬」は冬に捕れたカジカの卵を、醤油に漬け込んだものになります。

フランス料理の名店「オテル・ドゥ・ミクニ」の三國清三シェフ曰く、「カジカの子荒波漬」は「増毛のキャビア」と呼んでいるそうです。

口で弾ける食感と、濃厚な旨みはキャビア以上だそうです。

三國シェフは増毛の出身で、『カジカの子の醬油漬け』は、母親に作ってもらった思い出の味だそうです。

増毛は日本海に面する漁師町で、厳冬期には、体の半分まで卵が詰まったカジカが豊富に獲れるそうです。

獲れたカジカは、すぐに腹を割いて取り出した卵をタレに漬け込みます。

スポンサーリンク

3.カジカの子荒波漬の販売店は?

カジカの子荒波漬は、北海道増毛郡増毛町の遠藤水産が販売しています。

増毛が誇るその珍味を広く知ってもらいたいと、10年前に製品化したものです。

作り方は、伝統の調理法に習い、取り出した卵を洗い、醤油とみりんの特製のタレに漬け込みます。

味は、ほのかに甘みの効いた醤油味で、ご飯や酒の肴にあうということなので、いくらに近い味かも知れませんね。

とても興味がわきます。

4.カジカの子荒波漬の通販や注文方法は?

カジカの子荒波漬は楽天で購入することが可能です。

遠藤水産の商品が送料無料で購入で出来ます。

また、カジカの子荒波漬は、増毛の遠藤水産でも購入することが出来ます。

遠藤水産の場所は、

北海道増毛郡増毛町港町4-26

TEL:0164-53-2000

営業時間は、午前8:30~午後4:00で火曜日は定休です。

遠藤水産は、札幌にも港町市場札幌店を開いています。

場所は、

北海道札幌市白石区米里1条3丁目2-1

TEL011-872-2500

行き方は、地下鉄東西線「菊水駅」からJRバスに乗り換えて、「菊水元町9-2」で下車します。

バス停より徒歩1分で、札幌ジャンクションのそばです。

以上、今日は三國清三シェフが「増毛のキャビア」として絶賛した北海道の珍味、カジカの子荒波漬の通販や注文方法について紹介しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

北の珍味がカジカの子の荒波漬なら、南の絶品は桜島灰干しです。

梛木春幸(なぎしゅんこう)桜島灰干し商品を調査!通販の注文方法も

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする