石川竜一(写真家)の経歴や性格は?作品や個展やカメラも調べた!

今日は、沖縄県の写真家、石川竜一さんの経歴や性格を調査したので報告します。

更に、石川竜一さんの作品や個展、写真集やカメラについても紹介します。

是非、最後まで読んで下さい。

石川竜一 経歴

スポンサーリンク

1.石川竜一さんの経歴

石川竜一さんは、写真界の芥川賞と呼ばれる、木村伊兵衛賞を受賞した、プロの写真家です。

石川竜一さんは、1984年沖縄県生まれです。

2006年に沖縄国際大学を卒業しています。

写真は大学在学中に始めました。

大学卒業後、石川竜一さんは、舞踊家である、しば正龍氏や写真家の勇崎哲史氏に師事し、その独特な感性を磨き上げてきました。

これまでに、石川竜一さんが受賞してきた賞は、

2012年 第35回写真新世紀佳作

2014度 第49回沖縄タイムス芸術選賞奨励賞

などがあります。

そして、2015年に写真界の芥川賞と呼ばれている、第40回木村伊兵衛写真賞を、初めての写真集「絶景のポリフォニー」で受賞しました。

2.石川竜一さんの作品は?

石川竜一さんの作品を、ある評論家はこう評しています。

石川の写真が写し出しているものは、彼が生まれ育った沖縄だ。

しかし、石川が切り取るイメージは、一言で言えば「その時、そこにあるもの」だ。

被写体にせよイメージそのものにせよ、それぞれは強烈だ。

だが、そこには政治的な主張も社会的なメッセージもない。

引用元:http://tocana.jp/

そして、石川竜一さんも、こう言っています。

「自分を捨て、そこにあるものをできる限り受け入れる。そうすると、それまで見えなかったものが見えてくるんですよ」

引用元:http://tocana.jp/

石川竜一さんの写真は、彼がその瞬間に見ている物、そのものなのですね。

そして、時と場所が変われば、同じ被写体も、違うものへと変化していく。

左脳派の私には、芸術はなかなか難しいです。

石川竜一さんの写真を、インターネットから2枚お借りしてきました。

石川竜一 作品

石川竜一 作品

写真引用元:http://tocana.jp/

2枚目の写真は、とても印象的な写真ですね。

強い生命力を感じます。

スポンサーリンク

3.石川竜一さんの写真集や個展は?

石川竜一さんは、現在までに、5冊の写真集を出版しています。

木村伊兵衛写真賞を受賞した「絶景のポリフォニー」は、既に廃盤となり、プレミアがついて高額で取引されています。

最近出版されて、比較的安価に購入出来る写真集を2冊紹介します。

Adrenamix 2015年 2,160円

okinawan portraits 2012-2016 2016年 5,400円

石川竜一さんの個展の情報は、みつけることが出来ませんでした。

現在、石川竜一さんは、日産アートアワード2017のファイナリストの一人として選ばれています。

近い将来、展覧会が開かれると思います。

情報が入り次第、お知らせします。

4.石川竜一さんのカメラは?

石川竜一さんが使用しているカメラは、ハッセルブラッドというカメラです。

石川竜一 カメラ

画像:https://www.amazon.co.jp/

ハッセルブラッドはスウェーデンのカメラメーカーで、一台、数百万円するカメラもあるそうです。

実際、石川竜一さんが最初に手にしたハッセルブラッドのカメラも、百万円以上したそうです。

5.石川竜一さんの性格は?

石川さんは、写真を始める前は、ボクシングをしていたそうです。

そして、ボクシングをやめた理由は、

「ボクシングだけに集中すると、将来、何も出来ない人間になってしまうから」

だそうです。

ボクシングをやめた後は、自分が何をすればいいかわからずに、しばらく落ち込んでいたそうです。

そんな時に、初めてカメラに出会ったと石川竜一さんは語っています。

そんな話を聞くと、石川竜一さんのまじめさと堅実さが伝わってきます。

でも、そんな堅実な性格で、写真家という不安定な仕事を続けるのはしんどくないのかな?と、個人的には思ってしまいます。

石川竜一さんは、それだけ写真が好きということですね。

今日は、写真家の石川竜一さんの経歴や性格について紹介しました。

更に、石川竜一さんの作品や個展、写真集やカメラについても紹介しました。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする