英会話は難しくない!英会話攻略法基礎編

みなさん、こんにちは。

もうすぐ夏休みですが、夏休みの旅行の計画は立てましたか?

今年は奮発して海外へ行こうと思っている方もいると思います。

でも、海外に行くにあたって、英語が心配という方もいるかもしれません。

そんな方のために、

今日は

「英会話攻略法」

を書きます。

スポンサーリンク

1.英会話は単語が肝

みなさんは、英会話というと、まず始めに、単語がわからないから無理と考える人が多いのではないでしょうか。

確かに、英単語をたくさん知っていると、英会話の時に有利ですが、それほど多くの単語を知らなくても、英会話は十分成り立ちます。

どうして少ない単語で英会話が成り立つかというと、英語の会話では、場面によって使われる英単語が決まっているからです。

極端な話をすると、「自転車の上では、絶対にラーメンを食べない」と言うことです。

最近は、スマホを片手に自転車に乗っている方もいますが、ラーメンを食べながら自転車に乗る人はまずいません。

つまり、自転車に乗る話を英語でする時は、自転車に関係する英単語しか必要ないのです。

これを旅行に置き換えると、レストランでは、当然食事をしに来ているわけですから、食べ物や飲み物の英単語を事前に調べて、ウェイターに伝えるだけで、なんら問題はないのです。

駅や遊園地などでチケットを買う場合も、自動販売機だけではなく、有人の販売所があるので、そこへ行って、年齢と枚数だけ伝えれば、チケットは購入出来ます。

ここで、一点だけポイントがあります。

レストランにしろ、遊園地にしろ、会話をより簡単に済ませることが重要になってきます。

その為には、出来るだけ、事前にその施設に関連する情報を日本語で集めておきます。

例えば、遊園地の場合、入場券しか販売されていないのか、それともアトラクション乗り放題のパスポートのような物も販売されているのかを知っておく必要があります。

この情報を元に、注文する時は、出来るだけ具体的に何が欲しいかを限定して注文します。

ここが曖昧だと、相手から、あれこれ質問されてめんどくさいことになります。

また、値段も出来るだけ調べておいた方が良いと思います。

値段を知っていれば、出された物が何であるかを値段から推測することが出来ます。

大事なポイントは、あらかじめ多くの情報を準備しておくことによって、英語の会話を出来るだけシンプルにする。

そして、相手からは質問をさせないと言うことです。


スポンサーリンク

2.英会話の簡単な文法に慣れる

初めのうちは、欲しいものの名前をスマホの辞書などで調べて、それを単語のみで伝えますが、少し慣れてきたら、それを簡単な文にします。

例えば、レストランでビールが欲しい場合、最初は

「Beer please」だけで十分です。

でも、少し慣れてきたら

「I want beer」と発展させます。

こうすることで、少しずつですが、英語に対するコンプレックスが薄れていき、だんだん英語を話すのが楽しくなります。

そして、一度文を覚えたら、その文は旅行の間中使い倒します。

「I want steak」

「I want coffee」

「I want salad」

のように、名詞の部分を変えて、たくさん使えるようにします。

半日もすれば、その文には慣れてきますので、次は文を発展させていきます。

今までは、ぶっきらぼうに「~が欲しい」だったのを、「Could you take me ~」という言い回しを使って、少し丁寧に「~を持って来て下さい」と言います。

そして、この文も使い倒すことによって自分の物になります。

新しい文をたくさん使うことによって、その文が上手く伝わるケースと伝わらないケースがわかってきます。

人間は失敗して学ぶ生き物なので、出来るだけ多く失敗した方が成長が早いです。

恥ずかしがらずにたくさん失敗をしましょう。

会話が成立しなければ、最初の単語のみの会話に戻せば良いだけです。

後は、母国語の外人達がなんとかしてくれます。

文が上手く伝わるケースを実践で見つけていきます。

3.英会話を自分で勉強する

実践しながら成長していくという考え方は、日頃の英会話学習にも役立ちます。

よく、通信販売や書店で英会話教材が販売されていますが、なかなか英語がしゃべれるようになったという話は聞きません。

多くの英会話教材は、前述した

「英単語から文へ英会話を発展させる」

ことを目標に構成されています。

よって、最も重要なことは、

覚えた英単語や言い回しを、実際に使用してみることです。

どんなに英会話CDを聞き流しても、実際に覚えたフレーズを使用してみないと、本当に通じるかどうかが自信が持てないのです。

英会話で最も重要な要素は

自信!

だと言っても過言ではありません。

なので、一度に多くの言い回しを覚えるのでは無く、覚えた言い回しは一つ一つ丁寧に練習していく必要があります。

そして、失敗を繰り返しながら、正解を覚えていき、また新しい言い回しを覚えて練習を繰り返します。

一度に多くの会話を習得するのはとても難しいので、ゆっくり丁寧に、根気強く習得していきます。

英語をシャワーのように浴びて習得するなんて不可能です。

一滴ずつ英語を浴びて、シャワーのようにまいて下さい。

今日は、簡単な英会話攻略法を書きました。

明日は、英会話攻略法の応用編を記事にします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



関連コンテンツ(レスポンシブ)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする