荒木章博(希望の党)の家族や経歴は?高校と大学を調査!年齢や政策も調べた!

熊本県会議員の荒木章博(あきひろ)氏が、希望の党の公認候補として、衆議院議員選挙に東京7区から出馬することが明らかになりました。

そこで、今日は、荒木章博氏の経歴や高校・大学などの学歴、家族について紹介します。

是非、最後まで読んで下さい。

画像:荒木章博氏ホームページ

荒木章博 希望の党

スポンサーリンク

1.荒木章博氏の経歴

荒木章博氏は、1953年10月生まれです。

年齢は、63歳です(2017年現在)。

荒木章博氏は、熊本県春日町の生まれです。

荒木章博氏は、九州学院中学・高等学校を卒業しています。

高校卒業後、荒木章博氏は崇城(そうじょう)大学(旧熊本工業大学)へ進学しました。

荒木章博氏は、若い頃から政治家を志しており、大学を卒業すると、熊本県選出の衆議院議員であった、藤田義光氏の国会秘書を6年間務めています。

藤田義光氏は、当選9回の大物政治家です。

ただ、所属政党が民主党」→改進党→日本民主党→自由民主党と一定しなかったために、大臣職には恵まれませんでした。

荒木章博氏は、29歳の時、熊本市議会議員選挙に初当選しています。

この時の所属は、自由民主党でした。

その後、3期熊本市議会議員を務め、荒木章博氏は41歳の時に熊本県議会議員選挙で当選しています。

荒木章博氏は、現在までに、熊本県議会議員を22年務めています。

荒木章博氏は、政治家一筋の人生ですね。

スポンサーリンク

2.荒木章博氏の政策

荒木章博氏の県議会議員時代の政策は、

住みよい住環境づくり

農業問題

教育問題

スポーツ振興

でした。

現時点では、荒木章博氏の衆議院議員での具体的な政策はわかりませんが、憲法改正と安保法制だけは賛成です。

そうでないと、希望の党に入党できませんから・・・。

3.荒木章博氏の家族

荒木章博氏の家族は、妻と娘が3人、息子が1人います。

荒木章博氏の娘の一人、荒木千陽(ちはる)氏は、中野区選出の東京都議会議員です。

荒木章博 希望の党 家族

画像:荒木千陽公式ホームページ

荒木千陽氏の所属は、小池百合子氏率いる都民ファーストの会です。

しかも、荒木千陽氏は現在は都民ファーストの会の代表です。

千陽氏は小池百合子氏の公設秘書を6年間も務めていたそうなので、小池百合子氏の側近中の側近ですね。

今回、父親である荒木章博氏は、東京7区から出馬します。

東京7区は、東京都議会議員選挙で娘の荒木千陽氏が選出された、中野区の一部も入っています。

荒木章博氏にとっては、第二の地元といったところでしょうか。

荒木章博氏については、新しい情報が入り次第更新していきます。

以上、今日は、荒木章博氏の経歴や高校・大学などの学歴、家族について紹介しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする